2011年07月03日

年代物

長らく生きていると、余計なものを背負うものだよ。

そう言って、グラスを傾けるあの人。

空になったグラスに滔々と注がれるのは、私より長い時を経た琥珀色の液体。

時間をかけて熟成された薫りは、艶やかに胸をくすぐる。

目を細めてゆっくりとその酒を味わう
あの人の仕草が、たまらなく格好いい。

そんな風に俗っぽい感想を抱いてしまう自分は、やはりまだまだ未熟なのだろう。

あの人の横顔を眺めながら、グラスを煽る私。

余計なもの、と表現された様々な荷物の中に、果たして私も含まれているのだろうか。

できれば、必要なものであれば嬉しいけど。

負担になりたくはない。
しがらみになりたくはない。

想われることが、時に重荷になり、苦しみとなることを知っているから。

だけど、止められない。
ぶつけてしまう。求めてしまう。

それは、私の未熟ゆえ。

あの人に少しでも追い付きたい。
だけどそれは永遠に叶わない。

急なピッチでグラスを空ける私にふと視線を向け、その手をポンと、私の頭にのせる。

無理しないでいいからな。

そのまま、左右に数回動かして。

子供扱いしないでください、と言いたかったのに、言葉にならなかったのは

飲みなれない高いお酒に酔ったせいではなくて、

あの人が、私の唇を塞いだせい、だった。



posted by 葉瀬尋 at 22:58| Comment(0) | ひろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

あなたが熱くなるのが

瞬間湯沸し器のように

あまりにも急だったから

猫舌の私は

くちをつけられないの

もう少しゆっくりして、ね?

疑ってるわけじゃないから

あと少しだけ待って

あなたの舌で

やけどするのが怖いから


posted by 葉瀬尋 at 21:19| Comment(0) | ひろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

図書館

静謐な空間が好きだ。

完全に無音というわけではないけれど、なるべく音を立てないようにしましょう、と、その場にいる皆が示しあわせてひっそりと過ごしている。
人々の意思で守られた、独特の人工的な静けさ。

私はその、人々の気持ちが好きだ。

その場にいる人たちは、それぞれの人生を歩いている。
背負っているものも違えば、何を一番の宝物にしているかも違う。

全員が別々の個性であるにもかかわらず、この場所では全員がひとつの約束を共有する。

その不思議。

夏の暑い時期に、快適な温度に保たれた穏やかなその場所で、ゆっくりと頁をめくりながら…

あの人と自分、あの人と誰か、あの人と共に生きる人。


ここにある書物をどれだけ紐解いても、私の抱えている問題を解決する方法は記されていない。

私の歩く物語の終わりを知ることもできない。

私は私の方法で、物語を進めていくしかないのだと…

そこでふと、鞄から伝わる僅かな震えで思考が中断される。

無意識に思いがあの人へと向かっている自分を認識して、苦笑。

いつになればこの悪い癖をなくすことができるだろう?

二つ折りの機械を開いて、画面に並ぶ、そっけない、だけど私の胸を騒がせる文字を確認して。

ほぼ眺めていただけの本を棚に戻し、静かな空間をあとにする。

自分以外の物語をなぞることは、わずかな安らぎをもたらすけれど。
これから向かう嵐の中が、やっぱり私の生きる場所なのだ。

また次にこの場所を訪れるときにも、私はきっと、この静けさに救われるだろう。

ここに来れば、まわりに同化していられる。
みんなの約束を守る一員でいられる。

だから最後まで、背を伸ばしていよう。

せめて凛と、前を向いて

あの人とまっすぐ向き合おう。


posted by 葉瀬尋 at 21:18| Comment(0) | ひろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月26日

どうしても

間違っていることは承知の上
でも欲しかったのです

願って願ってやまなくて

切なくて苦しくて
愛しくて憎くて

でもそのすべてが
欲しかったのです

どうしても止められなかった

溢れる思いを

あなたに届けとばかりに吐き出して

どうしても終われなかった

その先が欲しくて

またひとつ違うドアを開ける

間違っていることは承知で

嘘に嘘を重ねて

でも欲しかったのです

どうしても

あなたが

あなただけが

欲しいのです

今この瞬間にも
posted by 葉瀬尋 at 23:49| Comment(0) | ひろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

停滞

黙ったままで言い出せない

あなたをまだ好きでいるけど
二人のためには
選ばなければならない道
ずっと前から決まっていた道

二人が並んで歩く道は
いわば大きな通りを逸れた
わき道でしかないから

ずるずると先伸ばしにしていたけど
そろそろ歩き始めなければいけない
きちんとしたお互いの道を

あなたのために
あなたの大切なひとのために

いつまでもわき道で立ち止まっていてはいけない

わかっては、いるのだけど

今日もまだ
あなたの温かい腕を離せない

そしていつものように
じゃあまた今度、と

当たり前のように
くちづけをかわして

肝心なことは
お互いに黙ったままで
いつまでも立ち止まっている

あなたもわかっているだろうに
posted by 葉瀬尋 at 23:27| Comment(0) | ひろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

続き

幸せに暮らしましたとさ。
そう結ばれる物語

めでたしめでたし。
その先には触れられない物語

私が主人公の私の物語は

誰かの物語のその結びを
ひっくり返しているのかもしれない

誰にも祝福されず
誰に知られることもなく

それが私の物語

誰かのハッピーエンドの続きを
ぬりつぶす私の物語は

誰にも秘密のままで
ひっそりと胸にしまう

私とあの人だけが
共有していれば

それだけでいいから誰にも秘密のままで
ひっそりと胸にしまう物語



posted by 葉瀬尋 at 23:24| Comment(0) | ひろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月19日

彫刻

古い道を歩けば
そこかしこに点々と

ポツリと立つ碑

おそらくそこには
なにかがあったのだろう

わたしには
なにかは知らないけれど
わたしじゃない誰かには
大事ななにかがあったのだろう

そんな風にわたしも

他の誰にもわからぬように
けれどあなたにわかるように

いつかわたしがいなくなり
姿かたちを忘れても
ふとした時に心を引っ掻く

あなたにとって
そんな存在になりたい

あなたの道に点々と
わたしという碑を残したい

ひっそりと奥深く
あなたの心にわたしを刻みつけて

消えないものになりたい


posted by 葉瀬尋 at 23:03| Comment(0) | ひろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

中断

どこまでも
考え出すとキリがない
疑惑や不信に囚われて

あなたの言葉が届かない
わたしの心に届かない

なのに哀しいね

あなたに見つめられると

わたしのすべてが停止する

だからお願い

いつも見つめていて

余計なことをなにも考えられなくなるように

頭をかすめる別れの予感を
現実のものにさせないで

わたしに踏み出させないで
ずっと立ち止まらせていて

この残酷なぬるま湯に
もうしばらく浸らせていて

お願い

目を逸らさないで

嘘でもいいから

わたしを見つめて

お願い

どうかこのまま

時よ

止まれ
posted by 葉瀬尋 at 23:02| Comment(0) | ひろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

妥協

今ここにあるぬくもりは
わたしをあたためる

ただのひとときだけ

心には
いつもいつも風が吹く

冷たい乾いた風が
わたしを凍えさせる

今ここにあるぬくもりでは

止められぬ風
癒やせぬ凍え

ほんとうに欲しいのは
違うひとの腕だから

今ここにあるぬくもりは

ただひととき
わたしをあたため

わたしの上を通りすぎて行く



posted by 葉瀬尋 at 23:00| Comment(0) | ひろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月12日

だからこそ

手を伸ばしてはいけない人だと知っていた
愛されることを望んではいけない人だとわかっていた

だからこそ

願いが叶ってしまったことは
奇跡としか思えなかった

当たり前のように
あなたに呼ばれ

当たり前のように
あなたの隣にいて

当たり前のように
あなたと熱を分かつ

それらはすべて
奇跡の連続だった

夢に見たあなたとは違う
本当のあなたの姿かたち

夢ではわからなかった
あなたのぬくもりとにおい

すべてがいとおしくて
すべてが素晴らしくて

いつか奇跡の果てが来ても

はじめから叶わぬ想いとわかっていたから
それはもとの二人に戻るだけ
悲しいことじゃない

奇跡は奇跡のままで
汚してはならないもの

だからこそいま

あなたから離れるとき
もとの二人に帰るとき

お互いの居場所へ
お互いの世界へ

美しいままで終われるよう


posted by 葉瀬尋 at 18:49| Comment(0) | ひろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

高望み

顔を見るだけで良いと
声を聞くだけで良いと

何度も何度も
自分に言い聞かせていた

だけど

気持ちは膨らむばかり
想いは募るばかり

私を見て欲しいと
名を呼んで欲しいと

それが叶えば今度は

私に触れて欲しいと
ぬくもりが欲しいと

尽きることのない望みは
どんどんと高く深くなる

いずれ罪へとたどり着く
容易くわかるはずの流れ

気づかぬフリをして
無邪気に求め続ける

あなたに名を呼ばれ
あなたに求められ
あなたの愛になりたい

かりそめの愛でも
ひとときの愛でも

かまわないから
かまわないから

私を愛して
ただ一度だけ

私を愛して
せめてもう一度

私を愛して
最後の想い出に



posted by 葉瀬尋 at 18:49| Comment(0) | ひろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

大罪

私の願いが叶うということは
愛しい人に誰かを裏切らせるということ

たくさんの想いを歴史を踏みにじり
台無しにさせるということ

それほどのことを
罪と言わずになんと呼ぼう

私に手を伸ばすあなた
そう仕向けたのは私

毒牙にかかるフリをして
誘っていたのは私

願ってやまなかったぬくもりが
いま私をあたたかく包んでいても

心がひどく冷めているなんて
切ないね

欲しくてたまらなかったもの

あなたの広い胸の中で
あなたの声を聞いても

その言葉を気持ちを
信じられないなんて

悲しいね
虚しいね

それでも

もう一度だけと
あと一度だけと

あなたに誰かを裏切らせ続け
同時に私も誰かを裏切り続ける

そんな共犯者でいられることに
歪んだ悦びを覚えている

あなたに求められる度
ひっそりと闇く嗤う

この気持ちそのものが
愛以外の何物でもなく

この気持ちそのものが
罪以外の何物でもなく

両立してはならないはずの
ふたつのものが
危ういバランスで存在する

いつか必ず訪れる
偽りのぬくもりの終わりを
確かに予感しながら


posted by 葉瀬尋 at 18:48| Comment(0) | ひろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月05日

それなりに

真面目に生きてきたいままで
学校では優等生で
家庭でも品行方正
まっすぐ人生を生きてきた

大人になってからは

優しい恋人と
やりがいのある仕事

それなりに幸せで

でも、すこしだけ
ほんのすこしだけ

知らない道を歩きたくなった
知らない角を曲がりたくなった

ほんやりとした暮らしを
自分から打ち破ろう

行く先がどこへつながるか
わからないけれどただ進めば

それなり、なんて妥協じゃなく

幸せも不幸せも
自分で選んだ結果として
すべてを受け入れられる

さあ、踏み外せ

自分の道を歩むには
今しかないわけじゃない

いつでも、踏み外せ

勇気をもって
posted by 葉瀬尋 at 23:59| Comment(0) | ひろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

早朝

夜から朝にかけて
急激に気温は低下する

そのせいか
その時間帯にはぬくもりが恋しい

強引な抱擁にもキスにも
もう慣れたもの
戸惑わずに受け入れられる

誰かが近づけば
パッと身体を離して
なにもなかったふりして
顔を見合わせてすこし笑う

夜に落ちる影
街灯の脇でまた重なる

夜を引き摺る二人に
朝焼けが別れの時を知らす

春の日は束の間の逢瀬
冬にはわからなかった

こんなにも夜更けが短いものだとは

訪れる早い朝は
二人を別つしるし

いつしかあなたと私から
なにもかも連れ去る




posted by 葉瀬尋 at 23:50| Comment(0) | ひろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

善悪

愛がすべて美しいなら
人はみな素晴らしい

唇にほほえみと愛の言葉をのせ
憎しみあうことも知らず
愛し合う喜びだけを感じていられる

でも愛はさまざまに
乱れ交わりすれ違うもの

求めても届かない愛がある
与えても捨てられる愛がある

愛はさまざまに
人を善くも悪くもするもの

喜びだけでは
得られない気持ちがある
憎しみだけでは
わからない幸福がある

ほしいままに
おもうとおりに

愛が叶うのなら
愛を信じられたなら

人はこんなにも
強くたくましくはならなかったろう

善い愛とは
悪い愛とは

異なるものではなく
ひとつの円いもの

人を悲しませ喜ばせ
生かせるもの

愛がなければ
人は誰も生きていけない

それがどのようなものであれ

愛は生命そのもの

posted by 葉瀬尋 at 23:32| Comment(0) | ひろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月29日

絶望

あなたじゃないほかの人の口から
あなたと仲のいい人のこと聞いたの

やっぱりそうだったのね

私だけじゃないとは
うすうす感じていたけど

だからかな

そのことを聞いても
その場では平静でいられた

でもやっぱり

一人で部屋にいると
平静でなんていられなくて

あなたとのいままでを思いながら
そのどこかにはいつも
ほかの誰かもいたのだということを
何度も何度も考えていた

大好きだけど
もうダメなのかな

ううんそうじゃない

本当は初めから
終わるために進んでいた

時が止まれば
終わることもないのに
そんなことは
できないこともわかってる

あなたとここまでこれたことが
すでに奇跡のようなことだったから

これ以上の奇跡が起こることなんて
ありえないのこともわかっている

見ないふりしてたけど
もう今は
まっすぐに見てしまった

終わりへと続く道の先を

心が絶望の淵へ
堕ちるところまで堕ちて

あなたへの思いを押し流すまで
泣けるだけ泣いたら

奇跡はすべて空へ還そう

そしていつかまた

新しい奇跡が降りてくる日を

気長に気長に待っていよう

絶望は終わりじゃない

希望の始まりだから



posted by 葉瀬尋 at 23:42| Comment(0) | ひろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

接続

つなげたらいいのにな
あなたとわたし

あなたのみてるもの
私もみたい

あなたの考えてること
私も知りたい

あなたの気持ちを知りたい

ほんとは
誰のこと考えてるの?

私のからだとつながりながら
あなたのこころはつながらない

そんなのもうイヤ

こころもからだも
過去も未来も

あなたとわたしを
ずっとずっと
つないでいられたら
どんなに幸せだろう

叶うはずはないけれど


posted by 葉瀬尋 at 23:39| Comment(0) | ひろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

成功

狙った獲物は逃がさない

巧妙に罠を仕掛けて
うまく誘い込んで

虜にしてあげる

気づかないくらいのさりげなさで
じわじわ近づいて

ね?ほら

いつの間にか
私なしじゃ物足りないでしょ?

私じゃなくちゃ
ダメになってるでしょ?

一生に一度の大勝負

今に見てて

勝つのはきっと

私のほうだから



posted by 葉瀬尋 at 23:34| Comment(0) | ひろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月22日

睡眠

眠りに落ちて
そのまま
目覚めたくない

そうすれば

朝を迎えて
あなたがいないことに
虚しさを感じることもないから

あなたはいつも
一緒に眠ってはくれない

あの人とは
同じ部屋で眠るのに
私ではダメなのね

寝顔を見せないのは
気を許さない証

どうすればあなたは
心から私を
受け入れてくれる?

あなたの腕の中で
朝まで眠りたい

おはようのキスをして
シーツにくるまって

まどろみながら
微笑みあいたい

普通の恋人同士みたいに
そんなことをしたい

ささやかで
大それた願い

あなたに話しても
叶えてはもらえない

あなたは出ていく
時間になれば
当たり前のように

引き留めても無駄なことは
はじめからわかっている

あの人と朝を迎えるために
帰ったあなたを想いながら

あなたの乱した
シーツと私の心と身体

ひとり抱えて
浅い眠りに落ちる

いっそもう二度と
目覚めなければいいのに

残酷なまでに
また朝はやって来て

傷つくことをわかっていながら

あなたのアドレスに
おはようのメールを送る

posted by 葉瀬尋 at 09:56| Comment(0) | ひろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

深夜

あなたの名前

何度も何度も
つぶやくけれど

わかってる
わかってる

あえないこと

ふれあえない
わけあえない

わかりあえない

あなたとあえるのは
真夜中のひとときだけ

夢か現か

せめてその
かりそめのような
ひとときでも

あいたい

何度もつぶやく
あなたの名前

それは

真夜中と同じ響き


posted by 葉瀬尋 at 09:54| Comment(0) | ひろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。