2013年06月26日

"跡継ぎ"

生まれたときからその後の生き方が
何もかも決まっている人というのは確かにいる
小さい頃からその世界に閉じ込められ
その世界でしか生きられなくされていく

何らかの葛藤がありながらも
そのまま生きることは
その生き方に何らかの魅力があるからなのだろう

何の道筋も決められず
すべて自由に生きてきたといっても
所詮は何もかも流されて
そこそこの場所にいてさえ

生きるのに窮屈なのは何も変わらない
posted by 華涼紗乃 at 23:26| Comment(0) | はな | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。