2013年05月29日

"買い取り"

A4版厚さ3cmの冊子を渡された
一週間の間にこれを熟読され
ご納得された上でもう一度お越しください

覚悟を決めてきたのに
何だか拍子抜けした気分だ
そんなのはどうでもいいから
早く買い取ってくれといいたかったが
それを許してくれそうにない雰囲気だった

私が売ろうとしたのは感情
負の感情だ
ムカつく、イライラするなどと
いう感情に振り回されて
人生が全然うまくいってない
それを感じなくなれば
きっともっと落ち着いた気持ちで
生きられるに違いないと思ったのに

世間的には認められていない
感情を売り買いするなんて
でも実際これを試した人はいて
人生ゆったり過ごせるという話も聞いた

賭けてみようと思った
私だって人並みに幸せくらい欲しい

店からの帰り道
やたら重い冊子を抱えて家に帰る

ぺらぺらとめくってみると
そこここに衝撃的な写真、言葉の数々
いつのまにか正座して
冊子を読みふけっていた

感じるというのは警告なのだと
守るためにあるものを失うことは
本当に覚悟がいるものと知った

よく…よくかんがえなくてはいけない
捨てることにも未練はまだある
一週間、それだけあれば考えられる
時間が必要な意味がようやくわかった
posted by 華涼紗乃 at 18:24| Comment(0) | はな | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。