2013年05月29日

『造語』

 遥か昔、最初の『神』は誰だったのか
 彼もしくは彼女に、初めて呼びかけたのは誰だったのか
 『神』を『神』と名づけたのは誰だったのか

 そのものをそのものと定義し
 新しくつくりだされた言葉でそのものを呼ぶとき
 そのものは世界から切り分けられそのものとして姿をあらわす

 ひとは新しい言葉をうみだすことで
 概念を無限に分断し
 あらゆるものを『枠』の中に見い出せる

 『神』に『神』という名称を与えたのは誰だったのか
 『英雄』を
 『竜』を
 最初に呼んだのは誰だったのか
posted by 樋川春樹 at 00:52| Comment(0) | はる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。