2013年03月20日

『隣人』

挨拶だかなんだかわからない
不明瞭なやりとりの他には
口をきいたことがなかったし
まともに顔を見たこともなかった

そういうものでしょう
人はただ「隣に住んでいるから」なんて理由だけで
必要以上に距離を詰めないもの
お互い興味もないならなおさら

でもそれが間違いだったのかもしれない
廊下で会ったあのときに
こちらがきちんと言葉をかけていれば
日々の言葉のやりとりの中で
救われるものもあったのかもしれない

なんて、今さらですけどね
もうどうしようもないのに
死んでしまったヒトも
巻き添えで殺されたヒトも
取り返しはつかないのに

ただ、それは
私だけのせいではないですよねえ?
posted by 樋川春樹 at 11:13| Comment(0) | はる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。