2013年02月13日

"メニュー"

今朝は死ぬほど寒い
布団から出たくないこんな日なのに

起きろ!
掛け布団を引っぺがされた

半分だけ目を開けて声の主を確かめると
仁王立ちした姉さんの姿

人の部屋に勝手に入ってくんじゃねーよ!
朝っぱらから!布団返せ!
もう、朝だ!遅刻するぞ!
何だよ、もう…

ふらふらと起き上がりベッドに座ると
ぐいっと箱を押し付けられた
あ?
チョコだ、やる!
じゃあな!早く起きろよ!
部屋を出て行く姉さんの後姿
耳が真っ赤になっていた

箱を凝視して開けてみると
カップケーキのようなものが入っていた
思わずそれを持ったまま居間へ降りていく

あら、おはよう、貰ったのね
おはよう、うん、何これ?
今日はバレンタインでしょ?
フォンダンショコラよ、リクエストしてたじゃない

そういや数日前にバレンタインで
欲しいチョコのメニューを聞かれた
でもあれは彼氏に作るんじゃないのか?

彼だけでなくあんたにもあげろって言ったのよ
お母さんだけじゃ、味気ないでしょ

ふーん、ご丁寧にどうも

なんて言ったけど
じわじわ嬉しくなってきた
後で大事に食べよう

それで美味かったよって
さらっと言ってやるんだ
posted by 華涼紗乃 at 19:52| Comment(0) | はな | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。