2012年12月12日

"研究所"

パチリとスイッチを入れると
そこは黒くて四角い機械だらけの空間
何の音もせず
何のにおいもしない
一見すると倉庫のような部屋だ

部屋の中央に立ってインカムをセット
深呼吸をして一言
「起動」とつぶやく

そのとたんに
あらゆるインジケーターが点灯・点滅
モーターが回り始めた

天井付近に設置してある
6台の小さめのディスプレイには
若い女性がそれぞれ6人映し出された

画面には分割されて
彼女たちの個人情報
彼女たちのSNSサイト
彼女たちが現在いる場所の防犯カメラ映像
彼女たちの部屋の画像が
そこにあるのが当然のように表示されている

僕の研究のために若い女性の動向を調査している
データ収集と実益を兼ねて
ストーキングの手助けや
素行、浮気調査も同時に行っている

今日も誰一人、気づかれることなく
無事にデータは集め終わっているようだ
もっとも今まで一人として
調査終了まで気づいた人はいなかったのだけど

データを確認すると一人の調査対象に動きがあったようだ
早速クライアントに回線を繋ぐと
指示とすぐに振込があった

彼女の誰にも見られたくない部分を
記録から切り取って動画サイトにアップする
アドレスは複数のSNSアカウントでネット上にばら撒いた

さて彼女の身近に届くまでどのくらいかかるかな

ここから一歩も動かずに人を一人破滅させるのに
いったいどれくらいの時間が必要か
どのルートで情報が届くか監視する

日本ではほぼすべて障害や問題はクリアした
今度は海外への進出を試みてみよう

幸い軍資金は尽きる心配がなさそうだ
posted by 華涼紗乃 at 19:19| Comment(0) | はな | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。