2011年07月31日

キスするたび、ちくん
抱き合うたび、ちくん

気持ち良いのに
胸の奥をつつく痛み

一時の悦びのために
誰かに嘘をついて
大切なひとを欺いて

そんな私の心を
良心という名の天使がつつく

ちいさな穴が無数に開いて
修復が不可能なくらい

ちくんちくんと針を刺す
この痛みが、やめられないの

きっとあなたも同じでしょう

甘い罪を共に背負って
どこまでも堕ちていきましょう

posted by 葉瀬尋 at 23:53| Comment(0) | ひろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。