2011年06月26日

『停滞』

この淀んだ感じが
嫌なんだ
空気や他のものも
どこか濁っていて
重苦しい
息が詰まる
動きを制限されている
耐え難い感覚
これが
嫌なんだ

停滞を打破する一番安易な方法のひとつが破壊
何でもいい何かを壊せば状況は動く
大した影響など及ぼせなくともさざ波ぐらいは立つだろう
だから息苦しさからただ手っ取り早く逃れるためだけに
意味も罪もないものを壊す
憎しみとも怒りとも無縁なところで

posted by 樋川春樹 at 22:01| Comment(0) | はる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。