2011年06月24日

∞どうしても∞

いつになれば
君は心を開いてくれるのだろう

ずっと頑なに
その扉は閉ざされたまま

だから余計に気になって仕方なかったんだ

もっと顔をあげて前を向けば
無限大に希望は広がっているはずなのに
そこに苦しみもあるかもしれない
ならば分かち合ってそれを和らげてあげたい

どんなお節介だと思われてもいい
むしろうっとおしいと思ってくれれば
そうすれば
君の心の片隅にでも
僕が残るはずだから

だから少しでも僕を見て欲しい
見せたい世界がたくさんあるんだ

どうしても
明日という輝く未来を
そんな世界が広がっていることに気付いて欲しい

そして
君に笑って生きて欲しい

だから僕は諦めない
君を追いかけ
君のそばにいる
君が声を荒らげて
嫌だと言われるまでは
posted by 月姫瑠璃愛 at 11:34| Comment(0) | るり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。