2011年03月31日

決断

汗ばむような日がすこしずつ増えてきた季節
ここ何日かの良いお天気が嘘のように
空は暗く雲は重く風が強く吹く日に

よく知らない街をのんびりと歩いて
たまたま目についた不動産屋さんに立ち寄り
気づいたら新しく住む家を決めていた

それくらいどうしようもなくなっていた
自分の中で渦巻く嵐を止められなくなっていた

話したいことがある、と
ようやく告げられたのは

新しく住む家を決めた二日後

「この家を出ようと思います」
ポツンとつぶやいた

「そんな気がしてた」
ポツンと返事があった

好きにしていいよ
いつまでいてもいいし
いつ出ていってもいい

好きにしていいよ
いつ戻ってきてもいい
気長に一人でいるから

どこまでも優しい言葉に
胸が痛んだ

長い間ありがとう
こんな形で終わらせてごめんね
きっともう戻らない
本当にありがとう、ごめんね

静かに流れる涙で声が震えた

それから出発の日までは
なにも変わらずに二人でいた

そうして迎えた出発の日
荷物は早々と積み果てられ
いよいよ残るはわが身ひとつ

ごめんね、ありがとう
じゃあ、いってきます

声をかけたけれど
答えはなかった

そのまま黙ってドアを閉めた

雲ひとつなく
どこまでも青い青い空の下
私は歩き出す

どこまでも先のない道を
いつまでも一人で

それが私の選んだ道だから
posted by 葉瀬尋 at 07:34| Comment(0) | ひろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。