2011年03月24日

記録

会えた日には印をつける
ピンクのインクで目立つように

会えない日には印をなぞる
こんなにも一緒にいられた証と

楽しかったあの日も
嬉しかったあの日も

あなたと一緒だったけれど
わたしは一人でした

あなたとふたりきりでも
わたしは一人でした

楽しかったはずの日
嬉しかったはずの日

振り返ると切なくなるなんて
悲しいことですね

二人で未来を作っていけたら
どんなにかいいのに

なにもない未来にも
印をつけていけたらいいのに

こんな想いもいつか
通り過ぎた遠い日のことと

笑って振り返ることができるでしょうか

わたしの世界から
あなたがいなくなる日には

なにいろの印をつけるのでしょうね



posted by 葉瀬尋 at 21:11| Comment(0) | ひろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。