2013年07月03日

【詩ナラヒ】第1集 終了です!

 お疲れ様です、樋川春樹です。

 昨年11月1日よりスタートしました、『100のお題で文章表現【詩ナラヒ】第1集』。
 本日、樋川・華涼ともお題100個分全ての投稿を終えて終了の運びとなりました。
 お付き合いいただいた皆様、ありがとうございました!

 次回企画につきましては、現在調整中となっております。

posted by 樋川春樹 at 23:06| Comment(0) | 連絡帳。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

『最果て』

 何のために生まれたのか、何のために生きるのか。
 生涯に渡ってそんな疑問に悩まされ続けるのは、きっと無知で愚かな人間たちだけだ。
 他の動物や植物はそもそもそんなことを疑問に思わないだろう。
 『狩人』としてつくられたボク達は、自分が何のために───誰のために、何をするために此処にいるのか、最初から完璧に理解している。
 空色の『竜』だってきっとボク達と同じだ。自分が何をしに此処へやって来たのか、何をするために此処にいるのか───完全に空の色と同調する綺麗なウロコを持つあの『竜』は、最初の最初からそれを知っている。

 『マスター』がスケッチブックに描いた『竜』の絵に、短いテキストを添える作業を先日から始めた。
 繊細なタッチで描かれ、鮮やかな色彩をまとった何枚もの『竜』の絵。
 絵本や画集をつくろうとする意思は別にないのだけれど、結果としてこれはそういうものになるのかもしれない。
 美しいけれどどこかに深いかなしみと拭い難いあきらめのようなものを感じさせる『マスター』の絵を、一枚につき数時間も十数時間もじっくりと眺めて瞳と心にしっかりと焼きつけて、ボクの中にある語彙を総動員して相応しいフレーズを考え出す。
 それは傍目から見ればとてつもなく地味で時間だけがやたらとかかってそもそも何でそんなことをしているのだろうと不思議に思うような作業かもしれないけれど、ボクにとってはとても充実している満ち足りた時間をもたらしてくれるものだった。

 これが画集になるにせよ絵本になるにせよ、その中身はボク自身と『マスター』の二人しか知らない。
 あらゆる『枠』の内側で書かれたり描かれたりした全ての書物が集まる最果てであるこの図書館の中で本を書いたら、その本はどういう扱いになるのだろう? ただちに複製されてもう一冊が棚におさまり、その瞬間を目撃出来るのか、あるいはこの図書館と言えど『枠』の外で書かれた本までは蒐集出来ないのだろうか。
 『枠』の外で書かれたと思しき本はこの場所には一冊もないけれど、そういう本が存在するという噂を聞いたこともないから、そういう本がどうなるのかはボクにさえわからない。
posted by 樋川春樹 at 22:57| Comment(0) | はる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

"起承転結"

今日はどしゃ降りの雨
街全体が灰色に染められる
山の向こうの研究所も
動物園も美術館も
ファミレスもごみ捨て場も
そして駅も

ラッシュ時のホームは混雑している
みんなきちんと順番に並んで
寝不足の顔で電車を待ってる
ペットボトルの飲み物を飲みながら
喫煙所で煙草を吸いながら
そんな風景を見下ろしながら
ゆっくり点滅する看板の上に佇んでいた

背中にある片方だけの翼の存在とこのシステムには
もう慣れたけれど
それでもこの重みは歓迎できるものではない
もう長いことこの姿なのだから
新陳代謝でなくなったりしないのかと考える
まあもう生きてはいないけれど

駅や線路は願ってもない私たちの狩場
こんな鬱々とした一日は飛び込みたくなる者も多い

そんなときは思考のらせん階段を知らずに降りてゆく

善悪とか非暴力とかいうアラームがぶっ壊れてる人だった
圧倒的な力で持って何もかも破損し、何もかも没収する
金持ちの跡継ぎで甘やかされたのだろうがあまりにもひどかった

おもちゃ箱のおもちゃはことごとく壊れ
本棚の本は汚れて
お気に入りのレターセットも
遊びに行った場所のパンフレットも
大好きな映画の原作本も
クロゼットの奥にしまっておいた
コンサートのチケットも
レシートを見つけられ破り捨てられた

その度に廊下の隅のデットスペースで泣いていた
泣きながら乱雑に散らかって
全部濁点の呪詛だけ吐き続ける頭の片隅で考えていた

隠しごとをしたら告げ口され
慎重に抜け道を探しても結末は同じ
起死回生の見通しなんて立たない
小手先では一進一退を繰り返すだけ
吸血鬼のようにハンターのように
待ち伏せされ搾取されるだけ

普通で当たり前の幸せの起承転結
それすら何故望めないのだ

だから迷走した頭が書いた設計図にのった
殺されたフリをして自殺するという時限爆弾
思考だけは自分が透視できるのかと思うほど読みやすかったから

インパクトのある事件になったから話題になった
料理人のアイツは容疑者になり
三角関係の末、ストーカーしてたことも明るみに出た
お節介なマスコミはあることないこと探索し
様々な憶測が飛び交い、雑誌は売れ、一種のイベントにさえなった
最初は半信半疑の人たちでさえ
巻き込まれるのを嫌って離れていった

計算ミスは使いまわしのメールの手抜き加減とか
証拠に用意したキーホルダーが中古品だったこととかを
あっさり見破られたこと
私を調べた年上の医師が優秀だったこと

今の私の存在に認証とか署名とかいらないから
見取り図さえあればどこへでも行ける
この件の報告書を読んだときすばらしいとさえ思った
今思うとシュレッダーにかけてやれば良かった

演技してまで陥れようとした私をみんな恐れた
名無しの私は被害者ではなく主役になった
でもその件で合法でもアイツは社会制裁を受けてダメになった

雨がやんで空がだんだん明るくなってきた
まだ雲が空を覆っているのに光源はどこなのだろう
透明感のある空気が街中を包んでいく

線路には今日は獲物はかからなかった
駅の中に舞い降りる

バリアフリー対策のスロープに
カードの落とし物を見つけた
買い取り専門店のポイントカード
見覚えのある名前にぞっとした

意識は真っ黒に塗りつぶされた
まだまだ懲りてないらしい
先約があったけれど意識の中から消し飛んだ

そして自然と以前使っていた帰り道へ向かった

喫茶店のメニューを読む
サンドイッチにホットケーキ
アイスクリームにハニートースト
りんごのジュース
食べたいけれどもう無理だ
氷水を出されている客がうらやましい

たい焼きやスナック菓子を
ほおばって遊ぶ子どもたち
そんな簡単なことも出来ない

お洒落なメゾネットタイプのマンションが見えてきた
あのおぞましい日常の近くで
再出発なんて良い度胸だ

もう一度きっちり突き落とすことに決めた
そしてその翼をひとかけらも残さず喰ってやる
posted by 華涼紗乃 at 20:18| Comment(0) | はな | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。