2013年04月24日

【指令】第25週:華涼→樋川

++++


ごきげんよう、樋川嬢

さて、今回の任務の内容を伝える。
以下の三つのタイトルについて文章作品を完成させて欲しい。

『細工』
『さっと』
『ファンデーション』

・期限は2013年5月1日23時59分までとする。
・任務完了後、「@utanarahi」まで必ず報告をすること。

なお、次回の指令は2013年4月29日0時より、期限までに発表する。

では、任務の成功を心より祈る。


++++
posted by 華涼紗乃 at 19:28| Comment(0) | 指令書。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

"キーホルダー"

これは中学の修学旅行のお土産
自分用に買ったもの
キャラクターとイニシャルを象った
鍵の形のキーホルダー

すっしりとした重みと凹凸が
宝箱の鍵のようで
かっこよくて買ったのだ

うちの鍵をつけていたから
いつも身に着けていた
一度落としてしまったけれど
ちゃんと戻ってきたし
何だかんだずっと一緒にいる

もうだいぶ傷だらけになったけど
それがとても手になじんでいい風合い
ますます気に入っていた

やがて私が結婚することになり
イニシャルが変わった
別に気にせずそのまま使うつもりでいたのだけど
引越しの最中になくなってしまった

不思議なことに
がっちりとつけていた家の鍵はそのままで
キーホルダーだけ消えていた

何だか切なくて悲しくなった
新たなる旅立ちに別れはつきものだけど

もう少しそばにいて欲しかったなと思う

posted by 華涼紗乃 at 19:17| Comment(0) | はな | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

"濁点"

朝起きてからキリキリと胃が痛む
休もうかと思ったけどそうはいかない
時間ギリギリで駆け込んだ電車
一瞬だけ注目を集めて恥ずかしい

今日は来ないかと思った!
駆け込んできた王子さま
キラキラの瞳のあなたに恋をしてしまったの
最近ギラギラしてるねって言われるけど気にしないわ
一直線に行かなくちゃ!

げっ!あの子スカートの端めくれてるんじゃ?!
見えはしないけどハラハラする短さだ
他にも気づいてる人はいるけど言えないよな
カバンの中身をバラバラとぶちまけて
座って拾ってもらえばスカート元に戻るかな?

あ、あれ?カバンひっくり返しちゃった!
私の足元にもいくつか転がってきた
お、落ち着いて、たんたんと拾わなきゃ
拾ったら渡さなきゃよね
だんだんあなたが近づいてくる、きゃー!

ちゃんとスカート戻ったわ、良かった
若者よくやった!
最初から最後まで
離れたとこで見てたけど面白かったわ
若い人は良いわね、ほのぼのするわ
posted by 華涼紗乃 at 19:16| Comment(0) | はな | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

"名無し"

無責任な発言はそれだけで面白い
面と向かっては決して言えない言葉
さまざまな差別用語、誹謗中傷
極端から極端へ走る思考

心の中にしまっていた
ある種凶暴な考えの端っこを
ちらりと見せてみたら
案外同じ人間がいると気づく

仲間がいるんだ
こんなこと考えてるの自分だけかと思った
考えちゃいけないんだと思った
でもそんなことないんだ
良かった、堂々と発言できるよ
ほら皆、賛同してくれる

そのエネルギーは凝縮し膨張し他を圧迫する
良心まで侵されたらそこには

「ソウカ、ボクハ正シカッタンダ」

踊らされてはいけない、ここは仮想の世界だ
現実とは切り離された世界

すべてが嘘、夢、偽り、幻想

名無しで語れることなんて
その程度しかないんだから
posted by 華涼紗乃 at 19:15| Comment(0) | はな | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【指令】第25週:樋川→華涼

++++


ごきげんよう、華涼嬢

さて、今回の任務の内容を伝える。
以下の三つのタイトルについて文章作品を完成させて欲しい。

『署名』
『年上』
『デッドスペース』


・期限は2013年5月1日23時59分までとする。
・任務完了後、「@utanarahi」まで必ず報告をすること。

なお、次回の指令は2013年4月29日0時より、期限までに発表する。

では、任務の成功を心より祈る。


++++
posted by 樋川春樹 at 02:05| Comment(0) | 指令書。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

『ガイド』

 道路の一角に、うず高く花束や果物や、お菓子が積み上げられている場所がある
 祈りの言葉を繰り返した手書きのメッセージ
 かつてこの場所でたいへんな悲劇が起きて、大勢の人が犠牲になったのだと、
 その事件が起きたときにはまだ学生だったと思われる若いガイドが解説を始める

 人々の悲しみは今も癒えず、怒りも憤りも薄れることはなく、
 その場所には何年も経った今でも新しい花が手向けられる

 他者を傷つけ殺めた時点で彼らの正義はいかなる意味においても失われた
 『枠』の内側にいる限りはそのやり方は絶対に受け容れられない
 外側から世界を巻き戻し続ける自分よりも彼らの方が真剣に世界のことを考えていたとしても
 牢につながれ糾弾されているのは彼らで
 安穏な空の下で平和に観光旅行などしているのは自分の方で
posted by 樋川春樹 at 02:03| Comment(0) | はる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

『たわわに』

 たとえば。

 たわわに実った果実は生命感に溢れ、生きるよろこびのようなものすら見る者に感じさせるけれど。
 果実が実るのは何も生を肯定するためではなく、鳥や獣をひきつけて実の内部の種子を運搬させるためだ。
 新しい生のために、一度死ぬことを期待して、果実は実る。
 ずっしりと重い実で枝をしならせて、複数の死と引き換えにもっとたくさんの生命をばら撒くために、空に向かって果実を差し出すのだ。
 実をつける植物だけではない、他の生き物達もみんな、そんな風にして生命をつないできた。個体の死と引き換えに、種全体を生き長らえさせてきた。

 それで何かが、正当化されるわけではないけれど。

 不幸になるのがわかっているのに幸福になりたがる、
 底無し沼の真ん中でもがく人間達が、
 波紋のように不幸をひろげてゆく。
 不幸であるからこそ人間達はいっそう足掻き、
 より大きな波に周囲の全てを巻き込んでゆく。

 幸福な状態が正しいのだと、人間はそう思いたがっているだけなのかもしれない。
 いまの自分達の状態は間違いで、本当はもっと正しい状態があって。
 努力すれば、努力し続ければ、正しいところへ行き着けるのだと。
 そう考えて、何も掴めない弱いてのひらをあてもなく高みへ、伸ばすのかもしれない。
posted by 樋川春樹 at 02:02| Comment(0) | はる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

『後先』

 ───ああ、『枠』の中では。
 今日も明日も非道いことばかりが起きる。

 人間は何故、都合の良い誤解をするのだろう。
 どうしようもなく非力で絶望的に脆弱なその手で、
 世界の何かを変えられるなんて思ったりするんだろう。
 弱々しくてちっぽけで、限りある時間を生きることしか出来ない、
 無力で無価値で身の程知らずな人間達は。

 何度同じあやまちを繰り返してもいっこうに学ぶ気配すらなく、
 いまこの瞬間も世界のどこかで負の感情を連鎖させている。

 生きとし生けるモノ達が憎み合い殺し合う世界であるのなら、
 『虚ろ』に喰われてしまった方がまだしも幸福なのかもしれない。
 そもそもが時間の果てにおいては『竜』に喰われるさだめのものだ。
 その『枠』の中で流される、血にも涙にも、きっと意味など何もない。

 だから後先考えずに世界の全部を敵に回した彼らのしたことも、
 彼らが正義とみなす惨劇の犠牲となった人々の痛みも苦しみも悲しみも何もかもが、
 どうしようもなく、どうしようもなく無駄だったのだ。

 不可視の『引き金』を強く握りしめて、それなのに可能性を探る。
 何千回、何万回ものリトライの末に、彼らがしあわせになる未来もそれはあるだろうが、
 それとまったく同じ確率で、彼らがそうしたかったようにほんとうに世界を変えるという選択肢も、
 厳然として存在するのに違いない。
 大量の血が流れて、多数の人命が失われて、それでも『枠』の外側から見る限りでは、
 そのどちらの結末を世界が望んでいるのか、容易には判断がつかないのだ。
posted by 樋川春樹 at 02:01| Comment(0) | はる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。