2013年03月13日

【指令】第19週:樋川→華涼

++++


ごきげんよう、華涼嬢

さて、今回の任務の内容を伝える。
以下の三つのタイトルについて文章作品を完成させて欲しい。

『本棚』
『破損』
『レシート』


・期限は2013年3月20日23時59分までとする。
・任務完了後、「@utanarahi」まで必ず報告をすること。

なお、次回の指令は2013年3月18日0時より、期限までに発表する。

では、任務の成功を心より祈る。


++++
posted by 樋川春樹 at 23:22| Comment(0) | 指令書。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

『フロア』

ウチら中学上がる前ぐらいにさ、
潰れたデパートあったじゃん?
駅からちょっと離れたトコの、
一階にペットショップがあったトコ。

潰れてからも建物だけずっとほっぽらかしにされてて、
取り壊される様子も全然なかったあそこ。

こないだウチの友達の友達が、
肝試しに入ったんだって。
夜中に。
男子ばっか5人ぐらいで。
季節外れだけど、
暇だったからって。
どっかから何かして忍び込んで。

で、一階は何ともなくってさ。
だから、気が大きくなったのかな、
調子乗って地下に降りたんだって。
食料品売り場のあったフロアだよ。
ウチらもたまに行ったじゃん。

そしたらさ。
陳列棚とか冷蔵ケースとか、
そういうのが全部そのまま残ってたんだけど、
奥に行ったら棚が倒れてたり壊れてたりしてる区画があってさ。
そこ見に行ったら。

なんか、バラバラ死体。
いっぱいあったんだって、しかも子どもの。
いっぱい、バラバラだから、数はわかんないんだけど、でも多分、人数ヒト桁じゃすまないくらい。
でも、血は全然流れてなくて、死体、腐ってもなくて。
棄てられたマネキンじゃないのかって?
そいつらも最初はそう思って、何だよビックリさせて、って一人が手にとってみたの。
そしたら、感触がまるっきり人間のだったんだって。
しかも、ちょうど人肌ぐらいの体温があって。
ってか、さわってみたの千切れた手首だったんだけど、その指がまるっきり生きてるみたいに動いたんだって。

連中すっかりビビっちゃって、自分達が不法侵入してたのもアタマの中からぶっ飛んで、警察呼んだんだって。
で、おまわりさん連れて来たんだけどさ、こういうハナシのお約束だよね、棚は倒れてたけど死体は一つもないの。

不思議なハナシだよね。
5人は全員本当に見たしウソなんか言ってないって言ってるし、そのコ達そんなウソつくメリットもないんだし、
だったら地下にあった死体の山って、

一体何だったんだろうね。
posted by 樋川春樹 at 22:57| Comment(0) | はる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

『ほのぼの』

なんでどうぶつの写真集なんか買うんだよ、一人にした途端に無駄遣いばっかりして……半ば予想は出来てたけど……

癒しが欲しかった?
ほのぼのしたかった?

……アタマ大丈夫?
癒しとか和みとかボクらには全然必要ないだろ、むしろ一番縁遠いモノだろ……

人間に似てなきゃいけないけど
人間になっちゃ駄目なんだよ

そういうの
いらないだろ
いざというときに
邪魔になるんだぞ……

うるさい
なんでもない
ボクらは人間になったりは出来ないんだ
おマエもちゃんと自覚しろよ
ボクらは違うんだ
そういうんじゃないんだよ……

posted by 樋川春樹 at 18:38| Comment(0) | はる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【指令】第19週:華涼→樋川

++++


ごきげんよう、樋川嬢

さて、今回の任務の内容を伝える。
以下の三つのタイトルについて文章作品を完成させて欲しい。

『隣人』
『いっさい』
『ワンピース』

・期限は2013年3月20日23時59分までとする。
・任務完了後、「@utanarahi」まで必ず報告をすること。

なお、次回の指令は2013年3月18日0時より、期限までに発表する。

では、任務の成功を心より祈る。


++++
posted by 華涼紗乃 at 17:23| Comment(0) | 指令書。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

"乱雑"

部屋に入って一番に感じたのは違和感

散らかった部屋だ
キッチンのシンクには汚れた食器が溜まっているし
床にもチラシや洋服、ごみがそこここに落ちている

ソファには枕と毛布、脱いだ部屋着
ローテーブルにはビールの缶が積まれている

ここまではただの乱雑な部屋だ

だけどローテーブルを挟んで
ソファの向かいにあるのは
真っ白なシーツがシワひとつなくかけられたベット
そしてその周り30cmにもごみなど、ものはない
そこだけ空間がくりぬかれたように清潔で綺麗

浴室のほうを見てきた同僚が声をかけてきた

ここの風呂、新品同様だぞ
え?部屋はこんななのに?
ああ、タイルはピカピカ、湯船や目地まで真っ白だ
ここもベッドの近くだけとても綺麗なんだ

…違和感の正体は二人ともわかってるんだ

決まりだね
ああ、決まりだ

獲物を連れ込んだときはもう少し綺麗だったのだろう
ベッドに連れて行き、好き放題嬲ったあと
浴室でバラバラに切り裂いた

そしてその現場を
まるで宝物のようにぴかぴかに磨き上げた

ベッドを見ながら殺害した瞬間を思い出して酒を飲み
風呂に入りながら解体したことを思い出していたのだろう

ここは猟奇殺人の容疑者の部屋だ
posted by 華涼紗乃 at 17:16| Comment(0) | はな | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

"トースト"

目覚ましが鳴ったら
起きなくちゃいけない
どんなに眠くても
目も開いてなくても
とりあえず身体を起こして
立って歩いて

まだ半分夢に片足突っ込んだままで
頭なんか使わずにロボットのように自動で動く

フライパンを火にかけてソーセージを焼く
トースターにパンを入れる
お皿を出して
ソーセージに軽く焼き目がついたら
油を入れて卵を割って塩をパラパラ
目玉焼きを焼く

トーストをお皿に入れて
目玉焼きの黄味が白っぽくなったら
お皿に移す

一連のちょっとした待ち時間にハミガキ

起きてきた家族とともに
とりあえずいただきます
トースト半分かじったら
ようやく目が覚める

同じトーストに飽きたから
メニュー変えようとか思うけどなかなか出来ない
もう反射のようにインプットされた動きを
勝手に身体にやらせていたほうが何事もはかどるから

朝は大変
いくつでも
いくつになっても
それは変わらないもんなんだな
posted by 華涼紗乃 at 17:15| Comment(0) | はな | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

"認証"

ナップサックを背負って夜の街を走る

本当はダメって言われてたんだけど
うるさいし、抵抗するし、
うっとおしいし、時間ないし、
しょうがないよね

ま、もうやってしまったものは仕方ないのだ
でも出来るだけ早く行かなくちゃならない
何らかの異常が出てしまう前に

月を隠してしまうほど大きな建物の前に到着
扉の前にはもう仲間が着いていた

僕が一人なこと
ナップサックの不自然な形で
仲間は何が起こったのか早々に察したようだ

認証できなかったらお前を刺すからな
…だ、大丈夫だよ…多分

ナップサックから取り出したのは
ヒトノクビ
幸い目は開いたままだったから
そのまま認証装置にかける

もう焦点の合わない眼球を
赤く細い光がなでてゆく

ついたランプの色はグリーン
横にあった重厚な扉が
静かにゆっくりと開き始めた

…もう少し慎重になれ
はいはい、大丈夫だったんだから良いじゃん

二人は扉の向こうの闇へ飛び込んだ
posted by 華涼紗乃 at 17:15| Comment(0) | はな | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

『搾取』

(ずっと考え違いをしていたんだよ)

離れて見れば瞭然の
シンプルな構図だったのに

出られないが故に
重要なことを見落としていた

たとえば世界に悪名が知れ渡るような
残虐極まりない連続殺人犯を
何人もの罪なき一般市民を
冷静に騙して残酷に殺害出来るのだから
彼らは悪人で罪人とは言え
それは『強い』人間なのだろうと

誤解するような

(被害者は選ばれているのだよ)

犠牲者を選ぶとき
そこに作為はあった
狡猾な犯人は
自在にコントロール出来る羊だけを追う

(水の流れる方向が逆だった)

強者が搾取するのではない
搾取される弱者がいるのだ
幸福になる人間がいるのではなく
不幸へと堕ちてしまう人間がいる

単純なことだった
posted by 樋川春樹 at 14:32| Comment(0) | はる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。