2013年02月27日

【指令】第17週:華涼→樋川


++++


ごきげんよう、樋川嬢

さて、今回の任務の内容を伝える。
以下の三つのタイトルについて文章作品を完成させて欲しい。

『絵画』
『つんつん』
『トランプ』

・期限は2013年3月6日23時59分までとする。
・任務完了後、「@utanarahi」まで必ず報告をすること。

なお、次回の指令は2013年3月4日0時より、期限までに発表する。

では、任務の成功を心より祈る。


++++
posted by 華涼紗乃 at 21:56| Comment(0) | はる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

"スナック菓子"

私の夫は兄の親友
三年ほど前に紹介されて
彼が私を好みだといってお付き合いが始まった

とにかくシャイで男兄弟ばかりだからか
あんまり女の子への接し方もうまくなくて
最初は不安だったり少し怖かったりしたけど

彼も一生懸命、慣れないながらも
私を大事にしてくれてるって知ってからは
一緒にいるのが楽しくなった

その彼がある日、兄に話があるという
しばらくすると
何かが崩れるような壊れるような
物がぶつかるような音が聞こえ出した
兄の叫ぶ声も一緒に

お前になんか大事な妹をやれるか!!
プロポーズのことくらい自分で考えろ!
俺は指輪のサイズくらいしか力になれんと言ったろうが!

え…?どういうこと?
兄の部屋の扉をノックするけど聞こえてない
そおっと開けると
扉にポテトチップスの袋が勢いよくぶつかった
開いてて中身もまだ入ってたから砕けて宙を舞う

お兄ちゃん!と強めに声をかけるととたんに固まった
ポテトチップスまみれで

あ、今の聞いてたか?
うん、聞こえちゃいましたけど…?

うわあああ!お前のせいだお前の!
元はといえばお前がぐずぐずしてるからいけないんだろうが!
取っ組み合いを始める彼と兄

扉をバンと大きく開いた
その音に二人はまた制止した
入り口に正座する
三つ指ついて
よろしくお願いしますと言って頭を下げた

こ、こち、こちらこそぉぉぉ!
ごちんっ!とすごい音がした
彼も正座して頭を勢いよく下げすぎて床に激突
そのあと三人で大笑い

彼の髪にたくさんついたポテトチップスを今でもよく覚えている
posted by 華涼紗乃 at 21:53| Comment(0) | はな | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

"計算ミス"

強い女性に憧れる
スタイルもよく
まなざしも涼しく
いつも凛としている

彼女に魅かれたのは
そんな面を見たから
募る思いを抑えきれずに
友達の制止も振り切って告白した

彼女は珍しくうろたえて
…私なんかでいいのか?と聞いた
即答した
…あなたじゃなきゃ嫌なんです!

そういうとぼんっと顔が真っ赤になって
ぎこちなくうなづいてくれた

僕も彼女も付き合うのは初めてで
まだまだ手探りだけど
彼女は強いだけじゃなくて
二人でいると女の子らしくしてくれて
彼女として必死になってる
それがすごく可愛らしくて
そのギャップにハマって
ますます好きになっていく

すごく嬉しい計算ミス

ときどきどこかから
強い視線を感じるけど
それは受け流して

やっと照れずに繋げるようになった手を
きゅっと握るとはにかむ

これからも大事にしていこう
彼女もこの気持ちも何もかも
posted by 華涼紗乃 at 21:48| Comment(0) | はな | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

"見取り図"

朝起きて歯磨きをしながらテレビをつけた

朝のニュースで最近騒がれていた
猟奇殺人の犯人逮捕を知らせていた
顔写真を見て驚き
危うく歯ブラシを落とすところだった

半年ほど前に来たお客さんだった

うちで扱う部屋の見取り図を
ネットで見て来店された
細い目の穏やかそうな青年だった

希望される部屋の
ほとんどが浴室が大きいところだった
普通は部屋のほうに重点を置くのにと妙に思った

浴室の換気扇の位置にもこだわっていたっけ
玄関側についているのは嫌だとか
出来れば外に人の通ることのない壁側に
ついているほうがいいだとか

女性だったらわかるけど
男性であのこだわりはないよな

あれはこのための場所を
探していたんだなと今ならわかる

犯人は何人も殺して
すべてバラバラにしていたのだから
posted by 華涼紗乃 at 21:36| Comment(0) | はな | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【指令】第17週:樋川→華涼

++++


ごきげんよう、華涼嬢

さて、今回の任務の内容を伝える。
以下の三つのタイトルについて文章作品を完成させて欲しい。

『美術館』
『中古品』
『りんご』


・期限は2013年3月6日23時59分までとする。
・任務完了後、「@utanarahi」まで必ず報告をすること。

なお、次回の指令は2013年3月4日0時より、期限までに発表する。

では、任務の成功を心より祈る。


++++
posted by 樋川春樹 at 03:53| Comment(0) | 指令書。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

『キャップ』

 変装なんて必要ない、けれどたまには『気分』を優先するのも良いだろう。
 無駄な行為は好きじゃないけれど、それを人生から完全に閉め出せないのが人間らしさ。
 目深にかぶった黒いキャップ、某国の特殊機関の人間が着用するための公式のもので、その国で一般人が身に着けると処罰の対象になってしまうのだとか。
 いまどきのネットには何でもあるとは言え、わざわざそんなものを取り寄せる必要はないのに。これもまた、意味のない行動だ。
 余計な手順ばかり積み重ねて、迅速に辿り着くべき目的地からは遠回りをして。
 一連のそういった行為を以前ほど不快に思わなくなっているのは、そうすることに慣れたからか、あるいは本質に関わらない事柄をこそ愛する人間の心に自分自身が馴染んできたからか───。
 苦笑して、とりとめのない思考を打ち切る。
 与えられた使命を成すことだけを期待されている自分達が、人間らしいものの考え方に馴染んだからといって、どんな益があると言うのだろう。

 優しいあのひとはもしかしたら喜んでくれるかもしれない、けれど。
posted by 樋川春樹 at 03:49| Comment(0) | はる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

『たらふく』

 ひとの生命はいつ尽きるかわからないものだ。
 大抵の人間は漠然と数十年後、まだまだ先だろうと思っている。
 それが今日や明日ではないという保証はどこにも無いと言うのに。
 しかし、根拠もなくそう思い込んでいられるからこそ、ひとは絶望に打ちひしがれることなく生きてゆくことが出来る。
 いつか死ぬことを忘れていられるからこそ。

 一日の仕事を終え心身共にくたびれ果てて帰って来たとしても、ゆったりと風呂に入りさっぱりと清潔な部屋着に着替えて、上等ではなくとも美味いものをたらふく食べて温かな布団の中でぐっすりと眠れば、肉体の疲労も心についたひっかき傷もとりあえずは綺麗に消えて、次の日もまた起き上がって出かけてゆける。
 自分の身の上にこれから起こる生命の終わりも、これまでに起きた無数の理不尽で許せない事柄も、みんな他人事のように忘れていられるから、ひとは日々を平穏に暮らしてゆける。
posted by 樋川春樹 at 03:48| Comment(0) | はる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

『成果』

 何もかも、ずいぶんと面白い方向に、動くものだね。
 この『枠』の中では、誰もがこぞって、自ら不幸になるために突き進んでいるようだ。
 あらゆるものごとは迅速にこなさなければならない。要領の悪い者、怠けている者は非難の目を向けられる。
 過剰な迅速さが生み出した空白の時間には、休養ではなく新たな仕事を詰め込んで。皆が揃って、束の間の息抜きさえせずに働き続けている。
 それほどの勤勉さも、成果を出すこと無しには評価されないシステムになっているのには、驚くばかりだ。自らの寿命を削り取るような熱心さで何十時間もぶっ通しで働いても、目に見えるかたちで良い結果をあげられなければそれは誰にも認められない。
 過程に価値はなく、最終的に何を得られるかが全て。個人個人が「努力をした」そんなことには意味がなく、勝ち上がった一人だけが賞賛される。
 この『枠』の中では、誰もが今にも死にそうなくらいにくたびれ果てている。
 自分が良い暮らしを送ろうと思うなら、ライバルである他者とは迂闊に馴れ合えない。だからほとんどの人間が、上辺は仲良く振る舞うとしても本当は孤独で、満たされない想いをずっと抱えている。身体に多大な負担をかけて睡眠や食事の時間を削って労働しているから、顔色も悪くて見るからに不幸そうだ。
 なのに誰一人として、立ち止まって振り返ることが出来ない。これはおかしい、こんなことはやめるべきだと、声をあげることも出来ない。自分だけが落伍するワケにはいかないから、歩みを止めれば即座に脱落してしまう仕組みが、『枠』の中に完成しているから。
 面白い状況が、出来上がるものだね。
posted by 樋川春樹 at 03:46| Comment(0) | はる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。