2011年07月10日

廃墟

ここであったことは
二人だけの秘密

誰にも言わずに
内緒にしておいて

じゃないとみんな
悲しくなるから

知らないほうが
幸せなこともあるから

知らないふりを
しているだけでも

嘘をつくなら
貫き通して本当に変えて

あなたと私の関係も
この廃墟のようなもの

もう二度と
きらびやかな時に戻ることはかなわず

隆盛の面影をわずかに残して
静かに朽ちていくだけ

誰に顧みられることもなく
誰に拾い上げられることもなく

ただひっそりと
秘密を守り続けて

あなたと私も
そんな風にして

秘密を共有したまま
静かに朽ちていくだけ
posted by 葉瀬尋 at 16:07| Comment(0) | ひろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

灰色

いけないことでしょうか
あの人を好きでいることは

心の中でそっと
熱い想いを持ち続けることは
咎められることでしょうか

願いが叶うことを夢見るのは
いけないことでしょうか

誰かは私のことを
真っ白な人間だと言ってくれるけれど

憧れと罪との境界線

越えてはいけないのは
わかっているくせに

心の中ではもう何度も
道を踏み外している

そんな私が真っ白なはずがなく
かといって
自分から境界線を踏み越えるだけの黒さもなく

いけないことしてほしい

そんなことばかり考えてる

臆病で中途半端な
灰色の人間なのです

私という人間は

posted by 葉瀬尋 at 16:05| Comment(0) | ひろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

パーティー

いつもなら遠くで見つめるだけ
だけど今日は少し違う

ステージの上のあなたしか知らないから
普段のあなたがどんな人で
どんな声で話すのか
どんな風に笑って
どんな風に視線を返すのか

知りたいとずっと思ってた
ずっとずっと思ってた

だからこんな風に
あなたと同じテーブルを囲むことは
私にとって夢のような出来事

賑やかな周囲の会話も
私の耳には届かない
ただあなただけ
あなたの声だけ聞いていたい

私を見てください
いつもはその他大勢に紛れてしまうから
今日だけは私を私として
見てください、知ってください
あなたを見つめる私がいること

今日のために用意したドレス
いつもより少し大人っぽく
髪も結い上げてみたりして
見た目はバッチリお嬢様風
お行儀よくしていたいのに

普段はきちんと扱えるはずの
ナイフとフォーク
音を立ててしまうのは
あなたがいるせいです
心が落ち着かないから
手が震えてしまうのです

そんな私に、ふいに
優しく笑いかけてくれたあなた

緊張しなくてもいいのに、と

私がずっと知りたかったもの
私に向けられたらどんなに幸せかと
空想してやまなかったもの

その笑顔、その声、その瞳

それがいま私に向けられている
幸せすぎて笑顔がうまく作れない

ドレス、似合ってるよ
いつもと違う雰囲気だけど
そういうのも良いね

信じられない言葉を聞いた

いつもと違うって?
私を知ってくださってたの?

驚いてる私に

いつも見てくれてるの知ってるよ
ありがとう

嬉しくて涙が溢れた

泣き出した私を見て
慌ててナプキンを手渡してくださったりして

ステージの上のあなたしか
今まで知らなかったけれど
ステージを降りても
やっぱり優しいひとですね

いつもは遠くで見つめているだけ
これからもそれは変わらないだろうけど

なにかが変わり始めるとするなら
なにかを変えようとするなら

今日がその始まりの時

なにかが変わり始めるかもしれない









posted by 葉瀬尋 at 16:01| Comment(0) | ひろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

"廃墟"

人がいない建物は居心地がいい

適度に空気がよどみ
適度に暗く
適度に埃っぽく
適度になまぬるい

人がいないだけで
建物はあっという間に朽ちていく
本当、生き物なのだなぁと思う

僕たちのような
さまようだけの存在は
ここを根城に
日々のんびりと暮らしている
たまに来た肝試し目当ての若者を脅かすのも楽しい

そんな中、この間、人間の女の子が仲間入りした
僕らを怖がる様子もなく
その子には僕らがまっとうな人間に見えたらしい
周りの大人はすべて化け物だったそうだ

僕らには何もできないよというと
今までも自分のことは自分でしてきたから
何とでもなると笑う
ただ居場所をくれれば良いと

彼女のおかげで薄暗かった建物には
僕らの居心地が悪くならない程度に
少しだけ陽が射した

廃墟での歪んだ生活がいつまで続くかわからないけど
ただいまという声におかえりと返す
そんな生活もまあ、悪くはない
posted by 華涼紗乃 at 12:50| Comment(0) | はな | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

"灰色"

ふわふわで温かくて
呼吸による上下運動がここちよくて
顔をうずめて眠った

こんなに安らいだ気持ちは久しぶり
日々食べるものと飲むものを探して
ふらふらになりながら歩いてきたから
もう大丈夫、私は大丈夫

うっすらと目を開けると
灰色の毛皮に包まれていることがわかる
動物に抱きついているようだ
下半身の感覚は不思議となくて…
あれ?と思ったけど、まあいいや…
今はこのぬくもりに包まれて眠りたい

狼は…

狼は獲物を見つけて近寄っただけだ
何だかあまり美味しそうではなかったけど
ぐるぐる周りをまわって様子を見たが動く様子もない

試しに足にかじりついた
骨と皮と血だけで美味しくはなかった
立ち去ろうとするとしがみつかれていた
振り払おうとしたが
どこにこんな力があるのだと思うほど強い
届く範囲に噛み付いてみたがまったく力が落ちない

灰色の狼は困り果ててひとつ大きく吠えた
もうすぐ仲間がやってきて
引き剥がすのを手伝ってくれるだろう

それまでに出来るだけ食べておかなければ
不味いけど空腹には抗えない
posted by 華涼紗乃 at 12:49| Comment(0) | はな | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

"パーティー"

そろそろ頃合かもしれない
我慢も限界になってきた

必死で支えてるものは
どんどんどんどん重くなっていく
どんどんどんどん熱くなっていく
何でこんなことになるんだろう?
一度すべてひっくり返したら
上で胡坐をかいてるやつらも少しは懲りるかな

もうずっとずっと開いてないパーティー
ステップ踏んでリズムにのって
思い切り暴れてテンションアップ
そのあと徐々にクールダウン

そうすると不思議だけれど
すっきりと軽くなり
ひんやりと冷たくなる

そろそろ頃合かもしれない
流れが悪くなっている
老廃物は排出しなければ

さて、じゃあまず足踏みから
posted by 華涼紗乃 at 12:48| Comment(0) | はな | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

『廃墟』

 廃墟につめたい月光が落ちる。

 かつてここは賑やかな街だった。
 普通の人々が普通の暮らしを送る、どこにでもあるような普通の街だった。
 ありふれた日々、平凡な出来事の連続、時代を動かすでもなく歴史に残るでもない、けれど本当はそれこそがかけがえのない貴重な毎日の積み重ね。
 穏やかで気のいい人々ばかりが住まう街だった。
 近くにある海でとれる新鮮な魚介類をふんだんに用いた料理が名物だった。

 今はもうその面影もなく、かつては頻繁に呼ばれたその街の名を知る者すらなく。

 廃墟につめたく青白い光が落ちる。
 変わらないものも、終わらないものも、何処にもないのだと思い知らせるように。
posted by 樋川春樹 at 02:53| Comment(0) | はる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

『灰色』

 廃墟の街、ビルの谷間から見上げる灰色の空は。

 驚くほどに遠い。

 手を伸ばしてみたところで届くはずもなく。
 そもそもはじめから届く場所になどなく。

 どんなときも遥かな高みからこちらを見下ろしている、
 ただ見下ろしているだけの、あの空は。

 世界そのものを象徴するかのようで。
posted by 樋川春樹 at 02:32| Comment(0) | はる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。