2011年07月31日

病院

突然目の前に開かれた
不思議なとびら

開けると中は真っ白な空間
そこでなぜか診察を受ける私

胸が変にドキドキして
目の前がクラクラするんです

食欲がないんです
食事が喉を通らなくて…

時おり胸がしめつけられて
いてもたってもいられなくなるんです

最近の気になる症状を
包み隠さずお医者様にすべて伝える

次によばれるまで
待合室でお待ちくださいと

ようやく呼ばれて
渡された処方せん

病院のそとの薬局へもちこんで
しばらく待っていたら

あなたが微笑みながら現れた

お医者様では治せない
私のこの胸の痛み
癒せるのはあなただけ

なんていう素敵なお薬でしょう

また胸が痛んだら、ここを訪れよう

素敵なお薬を処方してくれる
この不思議な病院へ


posted by 葉瀬尋 at 23:55| Comment(0) | ひろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

人違い

声をかけるのが怖い
あまりにも似すぎていて

歩き方もしぐさも
遠目から見てもあの人そのもの

違うのはただ
隣にいる知らないひとだけ

その位置は、ねえ
別のひとのものじゃなかったのですか
だから私、諦めたのに

随分と親しげに並んで歩く姿
まるで秘密を分け合った同士

声をかけるのが怖い
振り向いたその顔がもし
紛れもなくあの人だったら

人違いだと言い張って

生き別れの双子のきょうだいか
世界で三人いるというそっくりさんだと言って

苦し紛れの言い訳でも
せめて笑わせて

じゃないと私
なにするかわからないから



posted by 葉瀬尋 at 23:54| Comment(0) | ひろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

キスするたび、ちくん
抱き合うたび、ちくん

気持ち良いのに
胸の奥をつつく痛み

一時の悦びのために
誰かに嘘をついて
大切なひとを欺いて

そんな私の心を
良心という名の天使がつつく

ちいさな穴が無数に開いて
修復が不可能なくらい

ちくんちくんと針を刺す
この痛みが、やめられないの

きっとあなたも同じでしょう

甘い罪を共に背負って
どこまでも堕ちていきましょう

posted by 葉瀬尋 at 23:53| Comment(0) | ひろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

『病院』

 何十万回この病院に来たのだろうか
 百万回には届いていないと思うのだけれど
 もはや数えていられる回数でもないのでわからない

 時間が無限にあるということは
 無限回数の試行が可能ということ
 心が折れさえしなければ

 『運命』を変えられるポイント
 たった一点を見つけ出すために
 普通の人間何人分の人生を費やしただろう

 失敗の数と同じ回数赤ん坊は死んだ
 その全ての死を発狂もせず見送った

 執着する理由はわからない
 単に認めたくなかっただけなのかもしれない
 変えられないものがある、ということを
 どうにもならない『宿命』に囚われた人間がいる、ということを

 正気を保っていられたのは
 自分が既にひとでない証だろうか
 飽かず倦まず挑み続けたのだ
 必ずあるはずの、救済という名の正解を求めて

 『その時刻』を通過したことが
 最初は信じられなくて
 何度も時計を見直して
 何度見直しても時計の針はその一点を通過していて
 思い違いではなくて見間違いでもなくて

 確かに生きて動いている赤ん坊を見下ろして
 自分がとうとう『それ』を探り当てたことを知って



 赤ん坊はその後平穏無事な数十年の時間を生き老人となった
 もう彼に対して『引き金』を使う必要はない
 最後に一度だけ彼に会いに行った
 じきに充実した生涯を終える彼の姿を
 何となくもう一度だけ見てみたくなって
posted by 樋川春樹 at 22:26| Comment(0) | はる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

『人違い』

 夕陽が西の空へと燃え落ちてゆく

 丘の上の公園のベンチにひとり腰を下ろして
 老人は静かに日没の風景を見守る

 今日も良い一日だった
 心穏やかに、平和に過ごせた

 毎日そうしているように、
 胸の中で感謝のことばを唱える
 まだ見ぬ神へ、
 いるのかいないのかもわからぬ
 大いなる存在へ

 完全に暗くなってしまう前に
 老人は杖を手に立ち上がる
 同じくらい年老いた妻が待つ我が家は
 公園からすぐのところにある
 明日は息子夫婦がかわいい孫達を連れて遊びに来る予定だ

 ふと上げた視線の先
 公園の入り口
 誰かが立っているのに気づいて
 少しの驚きと共に老人は足を止める

 灰色のコートを片方の肩にひっかけた少女が一人
 老人に静かに視線を向けて
 そして微笑んだ

 謎めいた微笑にひかれるように
 老人はそろそろと彼女に歩み寄る
 かなり聞こえにくくなっている彼の耳が
 まだ離れたところにいる彼女の囁きを確かに、拾う

「ようやくここまで、辿り着いた。
 変えられない運命なんて、やっぱり存在しないんだ」

 その言葉の意味は、老人にはわからない
 けれど、何故だろうか、
 彼にとって彼女はひどく懐かしい存在に思えてならなかった

 たった今初めて会ったばかりのはずなのに

 まるで生まれてからずっと、そう、ずっとそばにいたような

 彼が生まれ落ちてから今日までの長い長い日々を

 一日も離れることなく共に過ごしていたような───

「……失礼。お嬢さん、どこかでお会いしたことが?」

 意識するよりも早く、問うていた
 少女は老人の瞳を、おだやかなまなざしで見返して

 そしてゆるりと首を振る

「そうですか。しかし、私は随分と昔からあなたを知っているような気がしてならない。
 いや、あなたような若い方を昔から知っていると思うのは、おかしなことなのですが」

「───きっと、人違いでしょう」

 静かな声で簡潔にそう述べて、
 少女はぺこりと頭を下げる
 そうしてコートをふわり、翻して背中を向けて
 後は老人が声をかける間もなく歩み去る
posted by 樋川春樹 at 22:04| Comment(0) | はる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

『針』

 丁寧に慎重に
 育てあげてきた
 手間をかけて
 心を配って
 ゆっくりと大切に……

 言葉に嘘を混ぜ
 大勢にばら撒いた
 真実の一部を隠し
 迅速に拡散させた

 ひとびとは皆
 てんでに勝手なうたを歌い
 違う音色を聴いて
 別々のおどりを踊る

 分裂する群衆に信頼はそだたない
 細切れの言論に知性ははたらかない
 ふかくものを考えることも出来ず
 互いの意見をすり合わせることも出来ず
 なのに不安な情報だけをたらふく喰わされて

 この国はぱんぱんに膨らんだ風船だ
 するどい針のひと撫でで破裂する
 不安定でじつに脆い風船だ

 風船がはじけるさまを
 ひとめこの目で見てみたくて
 ただそれだけのために
 たくさんの時間をかけた
 自分の一生にほぼ等しいだけの時間を
posted by 樋川春樹 at 21:40| Comment(0) | はる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

"病院"

僕は決心した
本格的に人間に憑依することが出来るか試してみようと思う

他の仲間たちは
可哀想だと思うけど、彼女が選んだ道だからという
それは確かにそのとおり
僕たちはこの世のものではなく
何も手助けは出来ないと何度も言った

だけど自分のことは自分で出来ると彼女は言い
そして本当にそうしてきた

だけど…
熱でうなされているのをみると心が痛む
怪我をしているのをみると心がきしむ

病院に連れて行ってあげることは難しくても
コンビニに簡単な治療道具やスポーツドリンクを
買いに行くだけでも彼女の助けになる

それにはやっぱり生身の人間の体がいる
ちょっとだけ貸してもらうだけ迷惑はかけない

そう思い出してから通ったのは病院だった
僕たちに近い人のほうが入門としていいかもしれない

夜だと見つかるかもしれないから
昼のうちに病室に滑り込み
念じてみたり、寝ている体に重なってみたりする

まだ憑依できたことはないけれど
思えば願いはかなうというなら
「思い」が具現化した僕らなら簡単なはずだ

いつかかならず彼女の助けになる
posted by 華涼紗乃 at 12:08| Comment(0) | はな | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

"人違い"

「宛先を再度お確かめください」

何度も同じ文面を送っているというのに
間違っていることを信じない送信先
このメールアドレスは勤務先のもの
苗字@勤務先ドメイン、というありふれたもの

「またまた、そんなこと言って照れなくていいんだよ」

送信先の交際相手が
以前、勤務先に勤めていたのだろうか?
しつこく、いやらしく、うざったいメールがくる
このメールは何かのときの証拠になるので確実に残しておく
まあ、少し滑稽な送信相手が憐れというのと
ちょっと面白かったことは否めないが…

でも、さんざん事務的メールを送られて
彼も少しずつ、相手が交際相手だと信じられなくなってきたらしい

しかし、その場合の対応が斜め上過ぎるものだった

「今まで間違いメールごめん。
 でも毎回返事をくれた君はいい人のようだ。
 良ければ僕と会ってみませんか?」

今の若者はまったく思考が読めない
新人研修担当の友人も頭を抱えるはずだ
「妻子がいる40代後半の脂ぎったオヤジですが、何か?」
と送信したら、それ以降一切メールは来なくなった

厄落としのため、後日、笑い話として友人に話したら
送信先の人間は何とここに勤めているらしいことがわかった

世界は案外狭いものだな

posted by 華涼紗乃 at 12:07| Comment(0) | はな | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

"針"

高速に、正確に、無駄なく
相手の胸に針を打ち込む

キューピッドの矢なんて
即効性&持続性が期待できるものは
素人が手を出していいものじゃない

笑顔、上目遣い、ちょっと手を触れる
きゅん、という萌え要素を積み重ねる
周りの根回しも完璧に

知らない間に相手の心は
私の毒針に侵されて
すっかり色が変わってしまう
そう、私の色にね

もうそろそろ仕上げの段階
唇を舌でぐるりと舐めた

きっちり陥落できるかしら
その瞬間が楽しみ
posted by 華涼紗乃 at 12:06| Comment(0) | はな | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

+病院+

風邪をひくと
早く治したいがために
病院に行く

自分の身体はよくわかる
絶対に自力では治らない
だからこそ
この辛さから少しでも早く
楽になろうと
逃れようと
病院に行くのだが

なんだか余計に悪化しそうな
そんな錯覚に陥る

待合室には
当然
診察待ちの患者がいるわけで
なんとなく
空気がどんより濁っている気がするのだ

辛い身体に
追い打ちをかけるかのような
この環境

それがわかってるだけに
何もない時には
行きたくない場所である
出来る限り近寄らず
無縁でありたいが……

しかし
定期的に健康診断をするべきなのだと
思うわけであり
気持ち的には行こうと思うのだが
なかなか足がそちらに向かない

いい加減覚悟を決めなくては
そう思い
ネットで診察時間などを調べる
思わず内心
そこからかよ、と
自分に突っ込んでみた
posted by 月姫瑠璃愛 at 04:11| Comment(0) | るり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

≠人違い≠

トイレから出てきて
私は手を洗いながら
隣で化粧直しをしている友人に話しかけた

だけど
なぜか応答がない

化粧に忙しいのか…
夢中なのか……

洗い終わった瞬間
鏡を覗き込んで
目を見開いた

そこに映り込んでいたのは

私と……

……………

見知らぬ女性

次の瞬間
顔から火が出そうなくらい
すごく恥ずかしくて
いそいそと
その場をあとにした

出たところに
見知った顔が飛び込んで来て
ほっとしたら
なんかすごく笑えてきた

そんな私を不思議そうに見返す友人

いやね
さっきさぁ……
posted by 月姫瑠璃愛 at 03:58| Comment(0) | るり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

―針―

まるでそれは
魔法の杖
魔法のほうき

銀色で細くて頑丈で
そして繊細なの

糸をくっつければ
あら不思議

布の上を飛行しながら
模様を描いていく

花だったり
幾何学模様だったり
自由自在に
思いを具現化していくような…

それだけじゃないわ

布同士をくっつけたり
飾りにボタンだってつけられるの

ねー
魔法みたいでしょ

だけど
時々指をチクリと刺しちゃうから
ご注意あそばせ☆
posted by 月姫瑠璃愛 at 03:50| Comment(0) | るり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月26日

【第23週】終了→【第24週】はじまります。


お疲れ様です。

 現時点における第23目各人のお題消化状況に関するまとめです。

 華涼紗乃:3/3:69/69
 樋川春樹:3/3:69/69
 葉瀬尋:3/3:69/69
 月姫瑠璃愛:(第16週で脱落)

 (名前:今週の消化数/今週のお題数:トータル消化数/トータルお題数)

 以上です。

 続いて第24週のお題を発表します。

・針
・人違い
・病院

 以上になります。

 8月1日0時までに【詩ならひ】への投稿をよろしくお願いします!
posted by 華涼紗乃 at 18:38| Comment(0) | 連絡帳。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月24日

『破片』

 涙がとまらなかった
 ココロがどこかコワレたみたいに
 瞳の奥から次々にあふれ出してくる涙が
 どうしても、どうしてもとめられなくて
 まるでぱっくりと裂けた深い傷口から
 手のほどこしようもなく鮮血が湧き出るみたいに
 顔を覆った両手の隙間から
 涙が流れて、流れてとまらなかった

 うまくやれるはずだった
 何の問題もナイと
 慢心ではなく増長でもなく
 それは確かに自信だったはず
 わたしはちゃんと出来るハズだった

 どこで何を間違えてしまったんだろう
 どこでボタンをかけ違えたんだろう
 いつ誤った道に踏み込んでしまったんだろう
 いつ選んではならないものを選んでしまったんだろう

 ぺたりと座り込んだ両脚にもう力は入らない
 さっきまで立って歩いていたなんて、悪い冗談のよう
 もう二度と立ち上がれる気はしない
 このまま世界に押し潰されてしまいそう

 床に散らばった硝子の破片を
 震える指が知らぬ間に掴んだ

 降り注ぐ硝子は切っ先を必ず下に向けて落ちる
 地上でぼんやりとしている愚かもの達を引き裂くために

 血に濡れた破片
 やわらかな肉に突き立てて
 ひと息に掻っ切ってしまえば楽になれるのか

 あるいはそれすらも新たな地獄の門を開くだけなのか

 救いはない
 どこにもない
 泣いて泣いて泣いて泣いて泣いても
 差し伸べられた手すら罠ならば

 こうして訪れた終わりさえもが罰ならば
posted by 樋川春樹 at 18:09| Comment(0) | はる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

『初雪』

 彼女が生まれたのは
 その年に雪が降った最後の日の、翌日のことだった
 戸外には真っ白な雪がまだ溶ける気配もなく残っていて
 それでもこれから春に向けてこの冷たさも緩んでゆくのだと
 人々が冬の間中厳しく引きしめていた気持ちを
 ほんのわずか笑顔と共にほどいた日のこと
 彼女が生まれたのはそんな日だった

 雪も氷も溶けて
 すぐに春が来る
 いのちは芽吹き
 大地は緑に包まれて
 陽射しは強さを増して
 やがて夏になる
 世界を溶かしてしまいそうな熱
 ゆらゆらとたちのぼる陽炎
 渇きを呼ぶ暑さも永遠ではなく
 いつしか風は冷えて
 すべてが色づく秋が来る
 動物たちは間もなく来る冬に備え
 忙しげに木の実を集めて回る

 そしてその年の初雪が降った日の、前日のこと
 彼女は静かに息を引き取った
 あどけない頬に浮かんだのはただの眠りにしか見えなかったけれど
 よろこびもかなしみも知らないままに
 小さな彼女はもう二度と目を覚まさなかった
 ただの一度も降る雪を目にしないまま
 小さな彼女はどこにもいなくなったのだ
posted by 樋川春樹 at 17:58| Comment(0) | はる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

『はさみ』

 5ミリ幅
 横に細くはさみを入れて
 今度はそこを
 同じように縦に
 目測で切ったにしては
 いやに整った印象を与える
 ちいさな正方形が
 ぱらぱらとくずかごに落ちる

 シュレッダーなんて上等なものはないから
 ひとつひとつこうやって手作業で
 地道にこまめに処分していくしかない
 別に手でこまかく引き千切っても構わないのだけど
 いずれにせよ大した違いはない
 ひとつひとつ手に取って確かめて
 万が一誰かの目に触れても
 すぐには判別出来ないように

 燃やしてしまえばいいのだろうけど
 あるいは墨で塗り潰してしまえば
 水の中に捨ててしまえば
 土に埋めるのはまずいかな
 でもその上に何か大きな建物を建ててしまえば
 一度に処理してしまえるのに
 そうは思ってもきっとそうすることは良くないのだろう
 ひとつひとつ
 かたをつけないと

 ぱらぱらと落ちる正方形
 記されていたのは氏名と年齢
 おびただしい数のそれが何だったのか
 誰も知る必要はない
 誰にも知らせる必要はない
posted by 樋川春樹 at 17:48| Comment(0) | はる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

破片

バラバラになりそう

あなたへの思いが粉々に砕けて
私の心も一緒に

あなたは私だけ見てくれてると
そう信じていたかった

不安は胸にしまって
あなたの笑顔だけ見つめてた

でも違うのね
見ないといけないのね
真っ直ぐに真実を

あなたを好きな気持ちと
あなたを憎む気持ちで

心がバラバラに乱れて砕ける

心の破片をひとつずつ
拾い集めていくと

やっぱり

好き 好き 好き 好き

破片には全部
好きって書いてある

悔しいくらいに
その気持ちしかなくて

私だけ見てほしいけど
その願いは叶わない

心がバラバラになっても

あなたを好きな気持ちは
変わらない

あなたを好きな私の心の破片
あなたにも刺さればいい

私の痛みをすこしでも
私の思いをすこしでも

感じてほしい

あなたが好き
あなたが好き

それだけしかないから

私があなたの生活から消えても

あなたの胸にいつまでも
消えずに残ってほしい

私の思いの破片

刺さったままでありますように

posted by 葉瀬尋 at 11:52| Comment(0) | ひろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

"破片"

どうでもいいってこういうこと
心底、本当に、どうでもいい

「君と離れてみてやっとわかったんだ
 僕たちは二人でひとつ
 ひとつずつならただのかけらで
 完全体にはなれないんだ
 だから強がってないで帰ってきてほしい」

ある日の朝
起きて携帯を確認したら
入ってたメール

アドレスはすでに消してしまってたので
新手の迷惑メールかと思ったけど
元彼がどうやら復縁したいらしい
どうせ当時の浮気相手に捨てられでもしたんだろう

頭をガシガシとかく
もうただひたすらに面倒くさい

私にとってあんたは
粉々に砕けたガラスの破片であって
そんなものはどんなに大事だったとしても
全部まとめてゴミ箱へぽいするしかないって
どうしてわかんないのかな

とりあえずうっとおしいので
メールの受信拒否完了

さて、もう一眠りしましょう
今日は休日
自分の思い通りの時間がたくさんあるのだから
posted by 華涼紗乃 at 11:34| Comment(0) | はな | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

"初雪"

今日は特に冷え込んでいる
お気に入りのダッフルコートに身を包み
ふかふかのマフラーに顔半分を埋める

天気予報では
そろそろ雪が降るそうだけど
今日はどうかな、降るかな

どんよりとした雲はいつもどおりだ
濃い灰色で街に覆いかぶさるよう
あんな色の雲なのに落ちてくる雪はどうして白いのだろう?

手の甲に、感覚
見てみると小さな小さなしずくがひとつ
はっとして見上げると
幻かと思うような儚さで
白い一片が舞い降りる

雪は仲間を連れてくる
ふわりふわりといつの間にか
視界がうっすら覆われるほど

…人影?
雪は…雪は。
あの人を連れてきた
会いたくて会いたくて
もう会えないと思っていたあの人を
posted by 華涼紗乃 at 11:33| Comment(0) | はな | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

"はさみ"

しゃきん、しゃきん、しゃきん

だから何度も言ったでしょうに
そのたびに人でなし!とか言われたけど

しゃきん、しゃきん、しゃきん

だって
純粋に
物理的に
ごく一般的な考えでしょう?

体力がなくなっていくスピードは
私のほうが絶対的に遅いんだから

しゃきん、しゃきん、しゃきん

身分?愛情?
そんなもの完全に無くなってると思わなかったの?
あんな仕打ちをしておいて

あ、もしかして誰かが助けてくれると思ってた?
おあいにく様
あなたと私ではもう私のほうが圧倒的に信頼されるのよね

しゃきん、しゃきん、しゃきん

本当、馬鹿だよね
復讐されないとでも思ってたのかな?
まあ、馬鹿じゃなきゃあんなことしないよね

しゃきん
…これから
しゃきん
…たっぷり
しゃきん
…苦しめてあげるからね

裁ちばさみを鼻の前で何度も鳴らしながら
ときどきは着てる服をざくざく切り刻んで
あ、ごめんね、刃がかすっちゃったね
服が汚れたからこれも切っちゃおうね

しゃきん、しゃきん、しゃきん
posted by 華涼紗乃 at 11:32| Comment(0) | はな | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。