2011年05月30日

【第15週】終了→【第16週】はじまります。

お疲れ様です。

 現時点における第15週目各人のお題消化状況に関するまとめです。

 華涼紗乃:3/3:45/45
 樋川春樹:3/3:45/45
月姫瑠璃愛:3/3:42/45
 葉瀬尋:3/3:45/45

 (名前:今週の消化数/今週のお題数:トータル消化数/トータルお題数)

 以上です。

 続いて第16週のお題を発表します。

・善悪
・早朝
・それなりに

 以上になります。

 6月6日0時までに【詩ならひ】への投稿をよろしくお願いします!
posted by 華涼紗乃 at 17:19| Comment(0) | 連絡帳。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月29日

絶望

あなたじゃないほかの人の口から
あなたと仲のいい人のこと聞いたの

やっぱりそうだったのね

私だけじゃないとは
うすうす感じていたけど

だからかな

そのことを聞いても
その場では平静でいられた

でもやっぱり

一人で部屋にいると
平静でなんていられなくて

あなたとのいままでを思いながら
そのどこかにはいつも
ほかの誰かもいたのだということを
何度も何度も考えていた

大好きだけど
もうダメなのかな

ううんそうじゃない

本当は初めから
終わるために進んでいた

時が止まれば
終わることもないのに
そんなことは
できないこともわかってる

あなたとここまでこれたことが
すでに奇跡のようなことだったから

これ以上の奇跡が起こることなんて
ありえないのこともわかっている

見ないふりしてたけど
もう今は
まっすぐに見てしまった

終わりへと続く道の先を

心が絶望の淵へ
堕ちるところまで堕ちて

あなたへの思いを押し流すまで
泣けるだけ泣いたら

奇跡はすべて空へ還そう

そしていつかまた

新しい奇跡が降りてくる日を

気長に気長に待っていよう

絶望は終わりじゃない

希望の始まりだから



posted by 葉瀬尋 at 23:42| Comment(0) | ひろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

接続

つなげたらいいのにな
あなたとわたし

あなたのみてるもの
私もみたい

あなたの考えてること
私も知りたい

あなたの気持ちを知りたい

ほんとは
誰のこと考えてるの?

私のからだとつながりながら
あなたのこころはつながらない

そんなのもうイヤ

こころもからだも
過去も未来も

あなたとわたしを
ずっとずっと
つないでいられたら
どんなに幸せだろう

叶うはずはないけれど


posted by 葉瀬尋 at 23:39| Comment(0) | ひろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

成功

狙った獲物は逃がさない

巧妙に罠を仕掛けて
うまく誘い込んで

虜にしてあげる

気づかないくらいのさりげなさで
じわじわ近づいて

ね?ほら

いつの間にか
私なしじゃ物足りないでしょ?

私じゃなくちゃ
ダメになってるでしょ?

一生に一度の大勝負

今に見てて

勝つのはきっと

私のほうだから



posted by 葉瀬尋 at 23:34| Comment(0) | ひろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

『絶望』

 「希望」は緩衝材のようなものなんです。
 人生において何か致命的な問題が発生しても、
 「希望」を抱いてさえいれば、ある程度は対応出来る。

 何に対しての希望でもいい。
 誰かのためのものでも、
 自分だけのためのものでもいい。
 「希望」は未来に対する期待。
 それがあれば、明日へ自分をつなげられる。

 けれど、彼は「絶望」してしまっていました。
 世界の何ともつながらず、
 明日がくることも結局彼の救いにはならなかった。

 彼を止められるものは何もなかった。
 事前に誰が知ったとしても、どんな対策を講じたとしても、
 彼自身が自分を止める必要性を感じていなかったのだから…
posted by 樋川春樹 at 23:29| Comment(0) | はる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

『接続』

 自分は世界に接続されていない、
 そういう感覚が彼にはずっとあったのだと思います。

 自分はどこにもつながっていない。
 誰からも必要とされていなくて、
 誰からも求められていなくて、
 誰にも理解されなくて、
 常に孤独である、と。

 自分がどんなものとも接続されていない感覚があったらから、
 彼は世界に対して非情になれた。
 他の人間なら想像は出来ても実行はためらうような、残虐な行為が出来た。
 何もかもが結局は自分と無関係なものだと思っていたから。

 彼には守るものなどひとつもなかったし、
 彼を守るものもまた−彼自身の認識においては−存在していなかったから。
posted by 樋川春樹 at 22:01| Comment(0) | はる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

『成功』

 失敗を積み上げて成功に届かせる、
 そんな地味さは彼には必要なかった
 彼は常に勝者でありたかった
 すべてを思うようにしたかった

 彼は挫折を挫折として受け容れなかった
 間違っているのは自分ではなく世界の方なのだと
 あやまちを認めず頑なにそれを否定して
 反省することも悩むこともしなかった
 ただ怒っていた

 憤りを感じていた
 世界の理不尽さに
 自分を認めない世界を憎んでいた
 あらゆるものが腹立たしくて仕方がなかった
 思い通りに生きられない状況が
 彼を苛立たせ取り返しのつかない憎悪へと駆り立てた

 彼はそれを自分だけが感じている特別な感情だと思い込んでいた
 自分だけが特殊で選ばれた人間で他の皆は愚鈍で平凡極まりないのだと
 自分一人が利口で繊細なのだと

 実際にはそれはどこまでもありふれた怒りに過ぎなかったというのに
posted by 樋川春樹 at 21:03| Comment(0) | はる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

"絶望"

よくある話
大事な人が去っていった

繋がってた手を
私は泣きじゃくりながら
死んでも離さなかったから

あなたはのこぎり持ち出して
手首ごと引きちぎっていった

遠ざかるあなたの背中を見送る暇もなく
絶望は全身を駆け巡る

自分の一部がなくなった
今も血がドバドバ流れて離れていく
あまりの痛さに涙も止まった

もう生きていけない
思い出はバカみたいにキラキラで
ここは底なしの真っ暗闇で

私のすべてはあなただったのよ
もう私個人なんていなくなってたんだよ
なのになのに
あなたが手首ごともってった
これからどうやって生きていけばいいのよ

血と涙の海の中で
うずくまって倒れこんでも
それでも楽には全然ならない

なのに頭の中に流れ出したのは
私が好きなバカバカしい音楽
すぐにでも千切れそうな
細い細いその糸にしがみついた

そこまでして生きたいの?と嗤う私と
そこまでして生きて偉いと微笑う私の
その声を聞きながら


posted by 華涼紗乃 at 15:26| Comment(0) | はな | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

"接続"

点滅する光
絡み合うケーブル

ツナガリタイ
ツナガッテイタイ

刺激に対する反応を
積み重ねた先に私たちの生はある

だからこそ
もっと、もっと
多ければ多いほどいい

幾万本のケーブルが背中から生え
翼のように広げながら
接続先を探している

目には見えなくても
私たちはもう身動きすら取れない

翼はやがて蜘蛛の巣になり
本体までも縛り付ける

動けなくなった本体にも
体中にあるコネクタめがけて
容赦なく他人のケーブルが飛び込んでくるから

繋げた感覚は気持ち良くても
繋がる感覚は気持ち悪くて

結局、目的がすり替わって
流れ込む刺激に翻弄されながら

それでも接続先を探さずにはいられない
posted by 華涼紗乃 at 15:25| Comment(0) | はな | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

"成功"

たくさんお金がもらえるとか
たくさん贅沢できるとか
成功するって人によって違うけど

感覚が一緒の人と巡りあえたこと
笑顔で迎えてくれる人がいること
一緒に楽しんで笑えること

この人のために何かしたいって
本気で喜んでもらいたいって
そう思える人を見つけたこと

なすことすべてを否定されて
存在すらも疎ましく思われて
自分を棚に上げて責められて

そんな中から
救い出してくれる手を
見つけられたこと

私にとっては
それが一番の成功

それ以上なんてない

ここにいられることを
毎日毎日感謝しています
posted by 華涼紗乃 at 15:23| Comment(0) | はな | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

■絶望■

信じていた人に
裏切られること

友だと思っていたのに
まさかこんな仕打ちをされるなんて

思いもしなかった
思いもよらなかった

なんで?
どうして?

そればかりがぐるぐる
頭と心を駆け巡る

どんなに考えても
どんなに思い返しても

みつかる答えなどなくて
どんどん深みにはまっていく

ねぇ
あなたはそんなに私が嫌だった?

あの笑顔あの優しさ
共に過ごした時間

あれは一体なんだったのだろう
こんな思いをするための時間だったの?

より私を深く突き落とすための
必要な時間だったの?

すべてすべて
嘘に包まれていたのだろうか…

信じていた人に
裏切られること

こんな思いは
もう二度とごめんだ

posted by 月姫瑠璃愛 at 15:00| Comment(0) | るり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

―接続―

パソコンって
さささっと動くと
気持ちいいよね

スムーズに操作出来て
調べたいものがすぐに出てきて
やりたいことが簡単に出来る

だけど
時々いらいらする

接続悪くて
なかなか次のページに行かない
なかなか打った言葉が
表示されない

ついついそういう時って
いろいろな物を打つ
そうすると余計に悪循環だとわかっているのに
待てなくて
待てなくて
待てなくて

む〜か〜つ〜く〜

気づけば叫んでいるのだ

パソコンは接続いいのが一番イイ

さささっと動くのが
最高で一番ベストなのだ
私の精神状態もね☆

posted by 月姫瑠璃愛 at 14:49| Comment(0) | るり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

○成功○

るんるるん
らんららん

今日は朝からクッキング

小麦粉はかって
砂糖だして
卵わって

シャカシャカシャカ
シャカシャカシャカ

ぜ〜んぶまぜまぜ終わったら
型に流して
オーブンへGO!

待つこと30分

ふわんとふくらんで
おいしそうな香りで
部屋が満たされる

だけどね
だけどね
ふくらんだからといって
必ずうまくいってるとは限らないの

だってね
型から外してみないと
食べてみないと
こればかりはわからない

生地がしっかり冷めたら
いよいよこの瞬間

どきどき
どきどき

そっとそっと
お皿へと…

うわーーい
やったーー
きれいなシフォン完成♪

型についた残り生地を味見

ふふふ
味も問題なし

はーい
あなた
シフォンが焼けたよーー
召し上がれ〜
posted by 月姫瑠璃愛 at 14:41| Comment(0) | るり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月24日

【第14週】終了→【第15週】はじまります。


お疲れ様です。

 現時点における第14週目各人のお題消化状況に関するまとめです。

 華涼紗乃:3/3:42/42
 樋川春樹:3/3:42/42
月姫瑠璃愛:3/3:39/42
 葉瀬尋:3/3:42/42

 (名前:今週の消化数/今週のお題数:トータル消化数/トータルお題数)

 以上です。

 続いて第15週のお題を発表します。

・成功
・接続
・絶望

 以上になります。

 5月30日0時までに【詩ならひ】への投稿をよろしくお願いします!
posted by 華涼紗乃 at 15:57| Comment(0) | 連絡帳。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月22日

ZZZ―睡眠―ZZZ

もしかすると
一番幸せな瞬間なのかも

ふんわり
ほんわり
私を受け止めて
包みこんでくれる

そして
夢の世界へと誘うのだ

今日はどんな夢を見せてくれるのだろう

posted by 月姫瑠璃愛 at 18:16| Comment(0) | るり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

■深夜■

皆が寝静まった頃

暗闇の中
部屋の片隅だけ
光り輝くもの

カタカタと音が鳴り響き
この時ばかりと活動を始める

誰にも邪魔されることなく
思う存分キーボードを叩き
ディスプレイに向かう

回線の向こうにいる
たくさんの仲間
顔も知らないけれど
声も知らないけれど
すごく楽しい時間

今晩もきっと
カタカタと
音を鳴らすことだろう
posted by 月姫瑠璃愛 at 18:12| Comment(0) | るり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

○白黒●

あなたはいつも
物事を白黒に分ける

どうして?

たくさんの人がいて
それだけの考えや価値観がある

だから白黒だけでは
話せないこともあるのだ

別にいいじゃない
はっきりしなくても
いろんな色があっても
いいじゃないのかな

それが人間でしょ?

白黒だけじゃ語れないのが
人間なんだから

もっと柔軟に
視野を広くしていこうよ

モノクロだけじゃ寂しいもの
posted by 月姫瑠璃愛 at 18:06| Comment(0) | るり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

"睡眠"

毎日、毎日
その恩恵にあずかっていると
それがいかに恵まれてるかなんてわからない

いつものベットで
リラックスした寝方で
ぐっすりと眠る
それは本当に幸せなこと

薄い布団、固くて狭いベット
効かない空調、暗すぎる照明
安息の時間のはずなのに
寝続けることが
こんなに苦痛だとは思わなかった

隣のあなたも
とっても苦しそうに眠ってる

旅を楽しんで
日中へとへとになるくらい
動いてはしゃいで
こんな眠りなんて心底有り得ない

明日にはさっさと家に帰って
いつものベットで
いつものお布団で
いつもの部屋で
二人でじっくり眠ろうね



posted by 華涼紗乃 at 14:23| Comment(0) | はな | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

"深夜"

てをひっぱられる

つれていかれる


今の時間からは
違う世界の人間だから
昼の世界とは
ほんの少しずれて
ほんの少し曖昧な世界


みんなまってる

みんなまってるよ


夜が深まったこの時にしか
開かれない扉を通って
そこへ行って普通に暮らす
昨夜の続きを


だけど

じんわりと、ゆっくりと

ちょっとずつ、すこしずつ

あいまいになっている

ぼおだあらいん


昼の世界の記憶と夜の世界の記憶は
一緒には存在は出来ないはずなのに


いまは昼?

今はよる?

ひかりに照らされる?

闇にのまれる?

かんけーないか

いたいほうにいればいいんじゃない?
posted by 華涼紗乃 at 14:22| Comment(0) | はな | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

"白黒"

真っ黒に染まったあのときから
不安はいつまで経っても消えない

真っ白に戻ったあのときから
空虚はいつまで経っても埋まらない

『記憶の欠片を繋ぎ合わせて
 細い細い頼りない糸をたどって
 やっと取り戻した自分自身
 それは全部じゃなくて
 もしかしたら一部だけ?』

納得の行く仕事が出来て
それは世間に評価されていた

幸せな結婚をして
毎日優しいあなたの帰りを待っている

『とても満ち足りているはずなのに』

何故こんなに焦るのだろう
何故こんなに空ろなのだろう

『欠片が足りない 自分が足りない』

見ないフリをしていた
わからないフリをしていた
それくらい些細で
それくらいちょっとしたこと

『たどっていけばきっとそこには
 求める欠片はあるだろうが
 それは本当に求めて良いもの?』

一旦リセットして白と黒になった彼ら
自分の色にすっかり戻ってしまっても
まだ染まらない部分がちゃんと残っている
混じりけのない白と黒はそれはそれは目立って

やがて
無視できなくなって
目もつぶれなくなって

せっかく失えた欠片を
ようやく忘れられた記憶を
取り戻しに行くこととなる

白と黒がはっきりしている
その状態は人の気を引きつけてしまう

暖かいグレーのままで…
そのままで良かったのにね
posted by 華涼紗乃 at 14:21| Comment(0) | はな | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。