2011年03月24日

記録

会えた日には印をつける
ピンクのインクで目立つように

会えない日には印をなぞる
こんなにも一緒にいられた証と

楽しかったあの日も
嬉しかったあの日も

あなたと一緒だったけれど
わたしは一人でした

あなたとふたりきりでも
わたしは一人でした

楽しかったはずの日
嬉しかったはずの日

振り返ると切なくなるなんて
悲しいことですね

二人で未来を作っていけたら
どんなにかいいのに

なにもない未来にも
印をつけていけたらいいのに

こんな想いもいつか
通り過ぎた遠い日のことと

笑って振り返ることができるでしょうか

わたしの世界から
あなたがいなくなる日には

なにいろの印をつけるのでしょうね



posted by 葉瀬尋 at 21:11| Comment(0) | ひろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

狂気

だいすきよ

だれよりもあなただけ
なによりもあなただけ

あなたがいれば
なにもいらない

あなたがほしい
あなたがほしい

わたしたちは
よりそえないけれど

ひとつになることはできるの、
しってる?


いたいのははじめだけだからねてるあいだにすんじゃうからだいじょうぶだからだいじょうぶだからこわがらないでわたしはこんなにどきどきするのにどうしてそんなにあおいかおしていやがるのねえいいでしょうだっていつもはずっとずっとがまんしているのだものたまにはわたしのわがままきいていちどくらいおねだりさせていつもだいすきだよっていってくれるじゃないあのことばはうそだったのうそつきなのねわるいひとだわ


だいすきなあなたを

ほんのひときれくださいな

いとしいいとしいあなたのかけら

だいじにだいじにあじわうから

ね、ひとつになりましょう?

きっととってもすてきだわ



posted by 葉瀬尋 at 21:00| Comment(0) | ひろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

共感

はにかんだ笑顔
かすれた声
指よりも掌が大きい、
ゴツゴツした温かな手

おおらかなようで
気難しいところ

意思が強くて
意外とミーハー

誰よりも自分が一番だと思いながら
誰よりも自分のことが嫌い

誉められるのが好き
自分を一番にしてくれる人が好き

独占欲が強くて
こどもみたいに
甘えたりすねたり

大きな背中を丸めて
まるで人に慣れたライオンみたい

そんなところが
ぜんぶ愛しい

そうでしょう?

痛いくらい
わかってしまう

悲しいくらい
わかってしまう

私は愛してしまったから
あの人と同じ
たった一人のひとを。

あなたの言葉で心が弾む
あなたの笑顔で心が和む

あなたがいるから世界が回る

そう、私も同じ

あの人がどれだけあなたを愛しているか
あの人がどれだけあなたを大切にしているか

あなたの言葉から態度から
どうしようもないくらい
わかってしまうから

なにも私までもがあなたを愛さなくてもいいのだと、大丈夫なのだと、いらないのだと、

わかってしまう

このまま消えてなくなりたいくらい



posted by 葉瀬尋 at 20:52| Comment(0) | ひろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。