2011年03月20日

教会

このホテルで結婚式を挙げたんだ。
叔父さん夫婦に仲人になってもらって。
神父がギャグみたいにカタコトの日本語で話してさ。
面白かったけど笑えないもんだよな、あんな場面では。
その時はこのホテルもピカピカだったのにな。
今はもうボロいけど、思い出の場所がまだあるのは嬉しいものだよなあ…

歩きながら、上機嫌で過去を語るあの人の話を笑顔で聞いている。

私の片手は、あの人に掴まれて、あの人の手と共にあの人のポケットにねじ込まれていて、あたたかい。

この状況で、そんな思い出を語るあの人の思考回路が理解できない。

交わされたであろう、生涯の誓いの言葉。
交わされたであろう、はにかみながらのくちづけ。

そこから先は、考えたくない。

降り注ぐ祝福、笑顔、花びら。

それらをすべて裏切っている自らの手を、一体どう考えているのだろう。

カタコトの神父の言葉に笑いを噛み殺しながら交わす、永久の誓い。

この人に手を掴まれている限り、私には永遠に訪れない。

それでも、この人以外にそんなことをしたい相手を見つけられないのだ。

少しだけ何かを呪いたい気分になって深い息を吐くと、風向きのせいか、白いモヤは私たちに降り注ぎ、かき消える。

闇を歩く私たちに降り注ぐのは、祝福ではなく、吐き出した自らの呪いの吐息。

せいぜいそれくらいがお似合いか。
ふふ、と笑うとまたしても白いモヤ。

鼻唄を歌うあの人が、暗がりで足を止める。
予感がしてわずかに見上げると、案の定、押し付けられる唇。

誰かに見られたら恥ずかしいからやめて、とあの人を押し戻していた時期は過ぎた。

片手は自由を取り戻したけれど、結局は両手をあの人に絡み付けるだけ。

たとえ神さまが見ていても、止まれない。

誓いなんて信じないから、今しかいらないから。

自由なんていらない。
祝福なんていらない。

呪われてもしかたない。

お互いが吐き出す白いモヤを身体に浴びているのだから、しかたがない。
それでもいいから、もっとちょうだい。

交わされるのは、熱い呪詛。
交わされるのは、呪いのくちづけ。

そこから先は、考えたくない…
posted by 葉瀬尋 at 19:02| Comment(0) | ひろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

希望

誰かにとっての願いは
誰かにとっての呪い、かもしれない。

望みが叶うということは、
必ずしも誰も彼もがハッピーになれることではない。

それをわかっていて、自分さえ幸せになれないことをわかっていて、それでもなお望む。

救いがたい暗黒と混沌に身を染め心をうずめ、
悪魔と取引するがごとく、
魂を引き換えにしてでも、
たとえその器が滅んでも。

叶えたい願いがある
つかみたいものがある
引き寄せたい腕がある。

何を喪っても、何を犠牲にしても、
欲しくて欲しくて欲しくて欲しくて欲しくて欲しくて、ただただ欲しくて。

その希望が叶った。
奇跡としかいいようがなかった。


…そして、世界が滅んだ。


願っていたのはこんな結末だったろうか?
この惨状は私のせいだろうか?
私の身勝手な欲望の代償なのか?

ぬくもりが欲しいと思った。
心は手に入らなくても
たった一度でも
私を見て私を愛して。

その願いが、こんなにも大勢を悲しませ、世界を覆すほどに大それたものだったのか。

しかしそれでもやはり後悔はない。
身勝手ではあるが、欲しいものが手に入る歓びは何物にも代えがたい…

ゆるゆると思考が途切れてゆくのを感じながら、満たされた気分でまぶたを閉じ、それきり私は終わる。


そんな風にして終わりを迎えたのは、実は一人だけではないのだと…
私でなくなった私は、のちに知ることとなる。

救いがたいまでにどうしようもなく、だからこそ愛しい、人という存在。

そして始まる新たな世界でも
また繰り返されるのだろう

人が人である限り。

何度でも何度でも…


posted by 葉瀬尋 at 18:09| Comment(0) | ひろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

『教会』

静かに張り詰めた空気の中にいる

独特な空気が空間を透明に満たし
誰もが祈りのかたちに両手を組んで

希望や絶望について考えを巡らす場所

非力で無力であるが故に多くを願い
有り得ない奇跡を求める
見えもさわれもしないものにすがりついて
今日より良い明日が来ると信じる

信じられる根拠など何処にも何もないのに

彼ら彼女らを滑稽だと蔑む気持ちはない
あわれむことも、同情することも

それどころか、この胸に浮かぶ感情は

もしかしたら羨望か
あるいはあこがれなのかもしれない

posted by 樋川春樹 at 16:57| Comment(0) | はる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

"教会"

神は本当にいるのでしょうか
いないわけがない、と私は思います

多くの人が信じて
多くの人が救われている
その神が本当はいなかったなんて有り得ない

だから祈ります
組んだ両手が白くなり
震えだしてもまだ
力をこめて祈ります

どうかお導きください
絶望に足を取られないよう
甘言に惑わされぬよう
圧倒的な光で
道を照らしてください

立ち上がり
顔を上げ
神を強く睨みつける

数多くの祈りや想いは
いないはずのものまでたやすく作り出す
そうやって出来たあなた
力を得たのだから
存在するだけでは許さない

あなたを生み出した
すべての人の祈りを
今こそ、すぐに聞き届けるべきだ

posted by 華涼紗乃 at 13:46| Comment(0) | はな | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

"希望"

涙があふれてとまらない

悔しいのか悲しいのか
よくわからないけれど

ただただ、涙があふれて止まらない

だけど言葉をつむぐのが
今の私に出来ること

想像を絶する暗闇と
経験したことのない絶望

そんな中では
全部、綺麗ごとかもしれない
全部、上っ面だけかもしれない
使い古された言葉しか思いつかず
気のきいたことなんて何一つ言えない

だけど、精一杯伝える
キーボードを壊す勢いで気持ちをこめる
言葉は、言霊は
人に力を与えると信じてるから

人間は強いよ!
人間は負けないよ!
どんなときでも頑張ってこれたんだ
どんなときでも乗越えてこれたんだ

絶対に大丈夫、絶対に大丈夫だ
絶対に、絶対に何とかなるんだ!!

小さな小さな一歩でもそれは確実に未来へ続く

目の前の状況に愕然としても
後ろを振り向けばたくさんのエールがある

頑張らなくてもいい
頑張るのは私たちだから

ただ、ただ
耐えて、生き抜いて欲しい

その祈りに、その声に
少しだけ耳を貸して
ひょっとすれば
何とかなるかもしれないなって思えるかもしれない

その小さな希望の光が少しでも多く灯ること
それを信じて、言葉をつむぎ続ける

posted by 華涼紗乃 at 13:40| Comment(0) | はな | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

"絆"

世界に一瞬にして
「絆」が張り巡らされた

助けたい
救いたい

出来ることは何でも
どんなことでもしたい

自分の同類である
人を助けるために
人を救うために

濃く、強く、光り輝く
それは大きな力を持っていた
自分自身を傷つけるほどに

そしてその力は徐々に使われつつある

だけど時は過ぎていく

自分の中の行き場のない力は
そのままでは自分をすり減らしていく
折り合いをつけて
上手に生きなくてはならなくなる

力は徐々に失われる

その強大なエネルギーを気持ちを
ほんの少しでも多く上手く使えるように

考えるときが来たのだろう

「絆」の力が絶大だと
今ここで思い知らされたこのときに
posted by 華涼紗乃 at 13:38| Comment(0) | はな | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。