2011年03月31日

けんか

けんかしたい

本音をぶつけあって
心と心をすりあわせて

ただひたすら
嫌われまいとして
バカみたいにニコニコして
なにがあっても耐えて

そんなのは嫌だ

ぶつかる時はぶつかって
わだかまりを解いて

ちゃんと話し合いたい
考えてることを知りたい

そうしてひとつずつ少しずつ
お互いを近づけていく
解り合っていく

それが本当の関係だと思うから

あなたとけんかがしたいです

それくらい近くにいたいです

仲直りすることが

大前提だけれど
posted by 葉瀬尋 at 07:35| Comment(0) | ひろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

決断

汗ばむような日がすこしずつ増えてきた季節
ここ何日かの良いお天気が嘘のように
空は暗く雲は重く風が強く吹く日に

よく知らない街をのんびりと歩いて
たまたま目についた不動産屋さんに立ち寄り
気づいたら新しく住む家を決めていた

それくらいどうしようもなくなっていた
自分の中で渦巻く嵐を止められなくなっていた

話したいことがある、と
ようやく告げられたのは

新しく住む家を決めた二日後

「この家を出ようと思います」
ポツンとつぶやいた

「そんな気がしてた」
ポツンと返事があった

好きにしていいよ
いつまでいてもいいし
いつ出ていってもいい

好きにしていいよ
いつ戻ってきてもいい
気長に一人でいるから

どこまでも優しい言葉に
胸が痛んだ

長い間ありがとう
こんな形で終わらせてごめんね
きっともう戻らない
本当にありがとう、ごめんね

静かに流れる涙で声が震えた

それから出発の日までは
なにも変わらずに二人でいた

そうして迎えた出発の日
荷物は早々と積み果てられ
いよいよ残るはわが身ひとつ

ごめんね、ありがとう
じゃあ、いってきます

声をかけたけれど
答えはなかった

そのまま黙ってドアを閉めた

雲ひとつなく
どこまでも青い青い空の下
私は歩き出す

どこまでも先のない道を
いつまでも一人で

それが私の選んだ道だから
posted by 葉瀬尋 at 07:34| Comment(0) | ひろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月30日

おふとんに寝付いていても
しんどくて
咳をすれば胸と背骨が痛む
コンコン、ぎしぎし

天井にぶらさがった
電気のコード

かわいい猫のキャラクターが
にっこりと宙に浮く

こんなときにも世界は
変わらず回っている

ひとり寝転ぶこの部屋は
まるで動きを止めたよう

しんと静まり返る

外から時おり鳥の声
こどもたちの弾む声

ああ、世界は回っている

だからかな

こんなときにもお腹は
変わらず音を鳴らす

重いからだをひきずって
冷蔵庫を開く

熱いからだに
気持ちのいい空気ひやり

見慣れない
ラップのかかったガラスの小鉢
手にとると指先もひやり

すりおろしたリンゴ
大好きなの

眠っていたから気づかなかった

忙しい朝に作っていってくれたのね

ありがとう

こんなときにも心は
変わらずあなたを想う

早く帰ってきてね

あなたの笑顔がてのひらが
なによりのおくすりだから

posted by 葉瀬尋 at 18:28| Comment(0) | ひろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月28日

【第6週】終了→【第7週】はじまります。


 お疲れ様です。

 現時点における第6週目各人のお題消化状況に関するまとめです。

 華涼紗乃:3/3:18/18
 樋川春樹:3/3:18/18
月姫瑠璃愛:0/3:15/18
 葉瀬尋:3/3:18/18

 (名前:今週の消化数/今週のお題数:トータル消化数/トータルお題数)

 以上です。

 続いて第7週のお題を発表します。

・薬
・決断
・けんか

 以上になります。

  なお、今回、月姫さんが3題すべて締切を過ぎてしまいました。
 ルールですと参加権喪失となりますが、やむをえない事情であり、
 月姫さんも強く参加を望んでいますので、今回のみ参加継続とします。
 月姫さん分の先週の3題については、今週の締切、
 4月4日0時までは記事の変更を認めます。
 (この記事の変更の有無は参加資格に影響しません。)

 どうぞよろしくお願いいたします。

 では、4月4日0時までに【詩ならひ】への投稿をよろしくお願いします!
posted by 華涼紗乃 at 16:58| Comment(1) | 連絡帳。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

◇記録◆

諸事情により締切超過
posted by 月姫瑠璃愛 at 15:58| Comment(0) | るり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

∨狂気∧

諸事情により締切超過
posted by 月姫瑠璃愛 at 15:55| Comment(0) | るり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

=共感=

諸事情による締切超過
posted by 月姫瑠璃愛 at 15:52| Comment(0) | るり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月27日

"記録"

ここは魂の休息所
地球から吸い上げられた魂が
また地上に降りるのを待つところ

天国、と言えるかもしれない

ふわふわと漂う
無数の色とりどりの光
それを見つめて
いつものように私は過ごす

ふいに雨が降っているような音がした
パタパタパタと何かが何かにぶつかる軽い音
それが集まって
そのうちザーっという音になった

なんだろうと思って音のするほうへ行くと
何もないと思っていた空中から
小さな小さな立方体が無数に降り注いでいた

下を見て気がついた
これは積み木だ
規則正しく、一分のずれもなく
確実に積み上げられている

手を伸ばしても
積み木はすり抜けていく
何ごとにも侵されないように出来ている

これは…記録か?

無数の魂たちが人間として紡ぐ
感情、行動、日々の営み
それが形となって降り注いでいる

時間が流れると記録が積み重なる
とても単純なことだけど
あらためて突きつけられた気がした

質量を伴った記録は
いつか何かを生むのだろう
けれど、積みあがったものは
誰にとって意味があるのだろう?

魂の休息所
記憶の堆積場

ひとつまた近づいたかもしれない
世界の中心の理へ
posted by 華涼紗乃 at 15:37| Comment(0) | はな | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

"狂気"

ある日唐突に心の中に浮かんだ思い

"もう、いいよね?"

数年前は本当に幸せだった
でも最近は泣くのも飽きて
心を、感覚を
麻痺させることに全力を尽くした

そうすると
料理中に指を切っても気づかなくなった
気づいても、手当てするのも面倒になった
全体的にほんのりと赤い料理が並ぶ毎日

それすら気づかないあの人

何もかもに疲れてしまった
何もかも見たくなくなってしまった
考えることも嫌
感じることさえも嫌
全部が拒否し始めた

もう私は半分壊れている
自分がどうなったっていいなら
他人をどうしたっていいよね?

いつものように機械的に料理を並べる

材料を調理できるようにするまでに
時間がとってもかかった
掃除もとっても苦労した
味付けもものすごく大変だった

こんなに面倒なことだと思ってなかった
でも楽しくなかったわけじゃない

あの人は今日も機械的に食べる
私の顔なんか一切見ない
携帯ばかり気にしている

もう電話もメールもないでしょうね
あなたが食べてしまったんだもの
posted by 華涼紗乃 at 15:27| Comment(0) | はな | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

"共感"

あくびって謎な部分が多いんだけど
最近うつるメカニズムは
ちょっとわかってきたみたい

あくびをしている人を見たら
無意識のうちに眠そうだな〜って
共感して自分も出ちゃうんだって

へえ〜って
あなたはさして興味もなさそうに
生返事の相槌

ちょっとむっとしてあなたの顔を見たら
最近見たこともないような
豪快なあくびをしていた

目の端に涙を浮かべて
あごが外れるんじゃないかと思うほど
大きく口を開けて

ああ、昨日遅かったもんね
仕事大変だったみたいだし
おねむなんだな〜と思ったとたんに
私もぷかりとあくびをしてしまった

あはは、うつったねえ〜と笑うあなた
私も一緒に笑った

今日はお休み
何の予定もないし天気もあまり良くないから
二人寄り添って昼寝でもしようよ
posted by 華涼紗乃 at 15:26| Comment(0) | はな | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

『記録』

 ここにはもう何もないし
 当時を知る人ももう誰もいない
 すべてのものに平等で無情な『時間』が
 何もかもを流し去ってしまった
 もう戻って来ない

 その『記録』はまだ残されている
 それを紐解く者が一人もいなくなった後も
 刷り込まれた文字や数字は
 かつてあったことその一面を
 いつまでもいつまでも語り続ける


posted by 樋川春樹 at 00:33| Comment(0) | はる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

『狂気』

 狂気の沙汰としか思えない、
 そう表現するしかない。

 ひとは不合理な行動をとるし、
 いっときの衝動を制御出来ない弱さもある。

 最悪の未来を予見出来ても、
 その振る舞いが破滅を呼ぶと知っていても、
 抗えない。
 そこに理屈などない。

posted by 樋川春樹 at 00:26| Comment(0) | はる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

『共感』

 欠如しているのは感情ではなく
 共感する能力

 悲しいと思うことは出来る
 つらいと感じることも出来る

 ただし

 他人の悲しみを自分のもののようには感じられない
 他人のつらさを我がことのようには考えられない

 知識として思いやることは出来る
 「こういう場合には、こうするべき」そんな知識
 常識というテンプレートに沿って
 親切な演技をすることは出来る

 でもそれは
 心から出たおこないではないから

 すぐにぼろが出る
 メッキが剥がれて
 前後が破綻して
 疲労と共に倦怠と共に
 冷酷で身勝手な人間が顔を出す
posted by 樋川春樹 at 00:23| Comment(0) | はる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月24日

記録

会えた日には印をつける
ピンクのインクで目立つように

会えない日には印をなぞる
こんなにも一緒にいられた証と

楽しかったあの日も
嬉しかったあの日も

あなたと一緒だったけれど
わたしは一人でした

あなたとふたりきりでも
わたしは一人でした

楽しかったはずの日
嬉しかったはずの日

振り返ると切なくなるなんて
悲しいことですね

二人で未来を作っていけたら
どんなにかいいのに

なにもない未来にも
印をつけていけたらいいのに

こんな想いもいつか
通り過ぎた遠い日のことと

笑って振り返ることができるでしょうか

わたしの世界から
あなたがいなくなる日には

なにいろの印をつけるのでしょうね



posted by 葉瀬尋 at 21:11| Comment(0) | ひろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

狂気

だいすきよ

だれよりもあなただけ
なによりもあなただけ

あなたがいれば
なにもいらない

あなたがほしい
あなたがほしい

わたしたちは
よりそえないけれど

ひとつになることはできるの、
しってる?


いたいのははじめだけだからねてるあいだにすんじゃうからだいじょうぶだからだいじょうぶだからこわがらないでわたしはこんなにどきどきするのにどうしてそんなにあおいかおしていやがるのねえいいでしょうだっていつもはずっとずっとがまんしているのだものたまにはわたしのわがままきいていちどくらいおねだりさせていつもだいすきだよっていってくれるじゃないあのことばはうそだったのうそつきなのねわるいひとだわ


だいすきなあなたを

ほんのひときれくださいな

いとしいいとしいあなたのかけら

だいじにだいじにあじわうから

ね、ひとつになりましょう?

きっととってもすてきだわ



posted by 葉瀬尋 at 21:00| Comment(0) | ひろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

共感

はにかんだ笑顔
かすれた声
指よりも掌が大きい、
ゴツゴツした温かな手

おおらかなようで
気難しいところ

意思が強くて
意外とミーハー

誰よりも自分が一番だと思いながら
誰よりも自分のことが嫌い

誉められるのが好き
自分を一番にしてくれる人が好き

独占欲が強くて
こどもみたいに
甘えたりすねたり

大きな背中を丸めて
まるで人に慣れたライオンみたい

そんなところが
ぜんぶ愛しい

そうでしょう?

痛いくらい
わかってしまう

悲しいくらい
わかってしまう

私は愛してしまったから
あの人と同じ
たった一人のひとを。

あなたの言葉で心が弾む
あなたの笑顔で心が和む

あなたがいるから世界が回る

そう、私も同じ

あの人がどれだけあなたを愛しているか
あの人がどれだけあなたを大切にしているか

あなたの言葉から態度から
どうしようもないくらい
わかってしまうから

なにも私までもがあなたを愛さなくてもいいのだと、大丈夫なのだと、いらないのだと、

わかってしまう

このまま消えてなくなりたいくらい



posted by 葉瀬尋 at 20:52| Comment(0) | ひろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月22日

【第5週】終了→【第6週】はじまります。


 お疲れ様です。

 現時点における第5週目各人のお題消化状況に関するまとめです。

 華涼紗乃:3/3:15/15
 樋川春樹:3/3:15/15
月姫瑠璃愛:3/3:15/15
 葉瀬尋:3/3:15/15

 (名前:今週の消化数/今週のお題数:トータル消化数/トータルお題数)

 以上です。

 続いて第6週のお題を発表します。

・共感
・狂気
・記録

 以上になります。

 3月28日0時までに【詩ならひ】への投稿をよろしくお願いします!
posted by 華涼紗乃 at 18:10| Comment(0) | 連絡帳。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月20日

教会

このホテルで結婚式を挙げたんだ。
叔父さん夫婦に仲人になってもらって。
神父がギャグみたいにカタコトの日本語で話してさ。
面白かったけど笑えないもんだよな、あんな場面では。
その時はこのホテルもピカピカだったのにな。
今はもうボロいけど、思い出の場所がまだあるのは嬉しいものだよなあ…

歩きながら、上機嫌で過去を語るあの人の話を笑顔で聞いている。

私の片手は、あの人に掴まれて、あの人の手と共にあの人のポケットにねじ込まれていて、あたたかい。

この状況で、そんな思い出を語るあの人の思考回路が理解できない。

交わされたであろう、生涯の誓いの言葉。
交わされたであろう、はにかみながらのくちづけ。

そこから先は、考えたくない。

降り注ぐ祝福、笑顔、花びら。

それらをすべて裏切っている自らの手を、一体どう考えているのだろう。

カタコトの神父の言葉に笑いを噛み殺しながら交わす、永久の誓い。

この人に手を掴まれている限り、私には永遠に訪れない。

それでも、この人以外にそんなことをしたい相手を見つけられないのだ。

少しだけ何かを呪いたい気分になって深い息を吐くと、風向きのせいか、白いモヤは私たちに降り注ぎ、かき消える。

闇を歩く私たちに降り注ぐのは、祝福ではなく、吐き出した自らの呪いの吐息。

せいぜいそれくらいがお似合いか。
ふふ、と笑うとまたしても白いモヤ。

鼻唄を歌うあの人が、暗がりで足を止める。
予感がしてわずかに見上げると、案の定、押し付けられる唇。

誰かに見られたら恥ずかしいからやめて、とあの人を押し戻していた時期は過ぎた。

片手は自由を取り戻したけれど、結局は両手をあの人に絡み付けるだけ。

たとえ神さまが見ていても、止まれない。

誓いなんて信じないから、今しかいらないから。

自由なんていらない。
祝福なんていらない。

呪われてもしかたない。

お互いが吐き出す白いモヤを身体に浴びているのだから、しかたがない。
それでもいいから、もっとちょうだい。

交わされるのは、熱い呪詛。
交わされるのは、呪いのくちづけ。

そこから先は、考えたくない…
posted by 葉瀬尋 at 19:02| Comment(0) | ひろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

希望

誰かにとっての願いは
誰かにとっての呪い、かもしれない。

望みが叶うということは、
必ずしも誰も彼もがハッピーになれることではない。

それをわかっていて、自分さえ幸せになれないことをわかっていて、それでもなお望む。

救いがたい暗黒と混沌に身を染め心をうずめ、
悪魔と取引するがごとく、
魂を引き換えにしてでも、
たとえその器が滅んでも。

叶えたい願いがある
つかみたいものがある
引き寄せたい腕がある。

何を喪っても、何を犠牲にしても、
欲しくて欲しくて欲しくて欲しくて欲しくて欲しくて、ただただ欲しくて。

その希望が叶った。
奇跡としかいいようがなかった。


…そして、世界が滅んだ。


願っていたのはこんな結末だったろうか?
この惨状は私のせいだろうか?
私の身勝手な欲望の代償なのか?

ぬくもりが欲しいと思った。
心は手に入らなくても
たった一度でも
私を見て私を愛して。

その願いが、こんなにも大勢を悲しませ、世界を覆すほどに大それたものだったのか。

しかしそれでもやはり後悔はない。
身勝手ではあるが、欲しいものが手に入る歓びは何物にも代えがたい…

ゆるゆると思考が途切れてゆくのを感じながら、満たされた気分でまぶたを閉じ、それきり私は終わる。


そんな風にして終わりを迎えたのは、実は一人だけではないのだと…
私でなくなった私は、のちに知ることとなる。

救いがたいまでにどうしようもなく、だからこそ愛しい、人という存在。

そして始まる新たな世界でも
また繰り返されるのだろう

人が人である限り。

何度でも何度でも…


posted by 葉瀬尋 at 18:09| Comment(0) | ひろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

『教会』

静かに張り詰めた空気の中にいる

独特な空気が空間を透明に満たし
誰もが祈りのかたちに両手を組んで

希望や絶望について考えを巡らす場所

非力で無力であるが故に多くを願い
有り得ない奇跡を求める
見えもさわれもしないものにすがりついて
今日より良い明日が来ると信じる

信じられる根拠など何処にも何もないのに

彼ら彼女らを滑稽だと蔑む気持ちはない
あわれむことも、同情することも

それどころか、この胸に浮かぶ感情は

もしかしたら羨望か
あるいはあこがれなのかもしれない

posted by 樋川春樹 at 16:57| Comment(0) | はる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。